お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集

清水町の防水工事


防水工事の大まかな流れについて


 同じように見えてしまいがちな塗装工事と防水塗装工事は、実際には目的が異なるだけではなく、作業の流れも少し異なっているということをご存知でしょうか?

 今回は、あまり知られていない防水工事の大まかな流れについて解説していきます。



高圧洗浄と下地処理

清水町  防水工事

 外壁塗装工事と同様に屋上の陸屋根やベランダ・バルコニーの床面にも高圧洗浄作業が必要です。この作業で砂埃、土、コケ、植物、有害物質などをしっかりと取り除きます。

 表面が凸凹していると、防水層が密着しにくくなり、防水の耐久性低下の原因となってしまうからです。下地処理では、表面の凸凹を平らにし、ひび割れを補修します。古くなったシーリング材なども下地から丁寧に撤去します。

 通常の塗装と異なり、水が入らないようにする防水効果を高めるには、下地処理がとても重要になっています。

市川塗装の防水工事ページ



下塗りと防水材の塗布(シート防水ならシートの貼り付け)

清水町  防水工事

 防水材を塗布する前に行う下塗りは、下地と防水材との密着性を高め、水が入らないようにするためです。下塗りではプライマーなどを塗布しています。

 防水層を作る時は、塗装による場合は平らになるように丁寧に塗り重ねていきます。工法によっては、最初に脱気筒などを取り付ける作業を行います。

 シート防水の場合は、シートを丁寧に張り付けていきます。接合部は水が入りやすいので専用テープなどでしっかりと接着しています。



トップコートの塗装

清水町  防水工事

 防水塗装では、外壁塗装にはないトップコートの塗装という作業工程があります。

 防水層やシートの上にトップコートを塗布すると、防水効果が高まるだけではなく、摩擦や汚れに強くなり、耐久性がアップします。紫外線にも強く、防水層の経年劣化を防ぎます。トップコートは、5年に一度塗り替えを行うことが前提です。

 防水工事のメンテナンスは、短期間で実施するトップコートの塗り替えと、防水層そのものの再施工とに分かれており、メンテナンスサイクルが異なるので知っておくといいでしょう。

 防水効果も永久に続くわけではなく、再施工やメンテナンスが必要です。雨漏り被害に直結する箇所ですので、防水工事を実施した後も点検をしっかりと行い、異常が見つかればすぐに補修や再施工を行うようにしてください。

 新築の場合でも最初に防水工事が実施されていますので、いつ工事をやったのかわからない場合は建ててもらったハウスメーカーや施工業者にもう一度確認してください。

清水町の外壁塗装なら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINEでご相談
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休