お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー

雨漏り修理

雨漏り修理

小さな雨漏りに見えても、柱や梁に腐食・劣化といったダメージを与えます。長期間放置してしまった雨漏りは、建物や屋根の下地から工事する必要があり、修理費用が高額になってしまいます。まずは雨漏りを止める事が大事です。

市川塗装では部分的な修理やカバー工法、葺き替えなどの多様な修理方法の中から、お客様のご要望や状況に合わせたご提案をさせていただきます。見積もりや応急処置は無料です。お気軽にご相談ください。

雨漏りの対応エリアは、沼津市、三島市、富士市、富士宮市、御殿場市、裾野市、小山町、函南町、清水町、長泉町、その他の地域もご相談ください。

 

こんな症状は要注意!早期の解決が必要です。

天井や壁にシミがある

天井や壁のシミはすでに雨漏りがかなり進行していることを表しています。

天井や壁にシミがある

強雨時にポタポタ音がする

雨漏りにより水が天井裏などに落ち、ポタポタ音がする事があります。

強雨時にポタポタ音がする

雨が降った後、カビ臭い

雨漏りにより構造内部が腐食している場合、室内がカビ臭くなることがあります。

雨が降った後、カビ臭い

横殴りの雨の時、窓サッシから雨漏りする

サッシ周りの雨仕舞の施工不良やサッシ上部に水の入る原因があります。

横殴りの雨の時、窓サッシから雨漏りする

  


 

原因がわからないときの雨漏り箇所の特定方法

 

 雨漏りの発生に突然気づくことがありますが、原因がどこにあるのか、どこから雨水が浸入しているのかを特定するのは困難です。しかし、雨漏りに詳しい専門家や雨漏り修理業者では、よくある雨漏りの発生原因を知っており、どのような応急処置や修理をすべきなのかをわかっています。

 今回は、原因がわからない時の雨漏り箇所の特定方法について解説していきます。

 


 

考えられる雨漏りの原因とは?

 

 雨漏りは、雨が降った時に発生し、家のどこかに雨水が浸入できる経路があるということを表しています。その原因を大きく分けると、経年劣化、台風や地震、トラックなどの移動による揺れや強い衝撃を受けた時、施工不良などが考えられます。

 そして、雨漏りが発生しやすい箇所もこれまでの経験やパターン事例などからほぼ特定できるようになっています。次に取り上げていくのが、雨漏りの発生箇所についてです。主に屋根、外壁、ベランダ、サッシ、天窓に分けることができます。

 


 

よくある雨漏りの発生箇所

 

・屋根

 

雨漏り 富士市 富士宮市

 

 雨漏りといえば、屋根や屋根裏、天井からの水滴の落下です。瓦が風で飛ぶ、瓦と瓦の間の隙間の発生、屋根材の劣化や破損など、直接雨風を受ける場所ですので、必ず原因箇所の一つとして考えられます。

 屋根の種類によって、メンテナンスや補修方法も異なります。屋根が原因の雨漏りは降雨時に大きなダメージを受けますので、早めに補修が必要でしょう。

 

・外壁

 

雨漏り 函南町 清水町

 

 外壁の場合も雨漏りの原因となることが多く、点検や破損箇所の早期補修が必要です。特に外壁のあちこちにクラックが発生している場合は、専門家に点検を依頼しましょう。

 外壁の内側にいつの間にか雨水が浸入して湿気で腐食している場合もあります。雨漏りにまで症状が発展する前に何らかの補修工事や定期的な塗装メンテナンスが必要です。古くなった外壁材は交換工事が必要です。補修しながら、大切に取り扱うようにしましょう。

 

・ベランダ

 

雨漏り 小山町 長泉町

 

 ベランダ・バルコニーは屋外に面していいるので、降雨時に雨水が入り込みます。笠木などが破損するとその壁を水が伝って、ベランダと外壁の接合部を腐食させます。ベランダ・バルコニーの床部分は、定期的に防水工事をやり直す必要があります。

 笠木以外にも、シーリング部分、サッシ周り、排水口、防水層の剥がれや割れなどにより、ベランダ・バルコニーが原因となる雨漏りが発生しやすくなっています。

 

・サッシ

 

雨漏り 御殿場市 裾野市

 

 窓サッシも外壁に取り付けられており、屋外にあるために、雨水が直接当たって水が入りやすい箇所です。シーリング部分や屋根の上からの水、換気扇からの水、サッシの境目などから雨水が浸入します。外壁とサッシの窓枠のシーリング部分は、経年劣化で隙間ができやすいので、定期的な点検と補修が必要です。

 

・天窓

 

雨漏り 沼津市、三島市

 

 天窓がある場合は、屋根との接合部の雨漏りに特に注意をしなければなりません。シーリング充填などの防水処理はしっかりと行う必要があります。天窓を取り付ける場合は、将来のメンテナンスや雨漏り被害などもある程度想定すべきで、早めのメンテナンスや補修が雨漏り被害を少なくできる方法になるでしょう。

 


   

雨漏り修理は、雨漏り箇所の特定が絶対条件!

雨漏り修理は再発性が高く難しい工事です。理由は、雨漏り箇所の特定が難しいことと、複合的な要因で雨漏りが起こっていることが多く、部分的な補修だけでは治らないケースがある為です。雨漏り箇所の特定ができないまま、おそらくここだろうという見込みで、部分的な補修のみを行った場合、見込み違いや複合的な雨漏りは必ず再発します。

雨漏り修理は、雨漏り箇所を特定することが絶対条件となります。その為には、家の構造を熟知し、かつ雨漏り知識と経験のある雨漏りのプロによる雨漏り診断をオススメします。

雨漏りのプロが行う雨漏り診断はここが違う!

市川塗装では、家の構造を熟知している建築士、かつ雨漏り知識と経験が豊富な雨漏り診断士(NPO法人雨漏り診断士協会)の雨漏りのプロが診断に伺います。

1.目視

屋根にあがり、目視で確認します。この時、雨漏りの原因箇所の推測を立てます。

横殴りの雨の時、窓サッシから雨漏りする

2.天井裏のチェック

室内はもちろん、天井裏まで雨漏りの染みの有無を確認して、目視との整合性を確認します。
※目視の調査で必要と判断した場合、お客様に合意を得た上で有料にて対応させていただきます。

天井裏のチェック

3.実際に水をかけて雨漏りの再現

雨の降っている状態を再現し、原因箇所を確定します。雨漏り診断の場合は慎重な細かい分析で、じっくりと原因を調査することが大切です。
※目視の調査で必要と判断した場合、お客様に合意を得た上で有料にて対応させていただきます。

実際に水をかけて雨漏りの再現

雨漏り修理費用の相場は?

雨漏り修理は、形のある商品を購入するのとは違い、お住まいの状況によって修理費用は様々です。そのため修理費用の相場を出すのは難しいですが、過去の施工例からおよその目安を掲載します。参考にしてみてください。

散水調査:7万円
シーリング材などによる応急処置:3万円~5万円
窓やサッシ周り:10万円~30万円
ベランダやバルコニー:10万円~30万円
屋根:20万円前後、全体の修理の場合80万円前後
トップライトの撤去:20~50万円
外壁:20万円前後、外壁全体のカバー工法150万円前後

当社のサービス

確かな知識と経験

家の構造を熟知している建築士、かつ雨漏り知識と経験が豊富な雨漏り診断士(NPO法人雨漏り診断士協会)の雨漏りのプロが診断に伺います。

徹底した現場調査

目視、散水調査の他に、サーモグラフィーとファイバースコープを用いた「見えないところまで」の雨漏り調査を行います。隠れ雨漏りも見逃しません。

徹底した現場調査

部分修理で低価格

部分修理での対応を心がけておりますのでご安心くださいませ。状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。

無料お見積り

調査・お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。

当社の営業エリア

沼津市、三島市、御殿場市、裾野市、長泉町、函南町、小山町、清水町、富士市、富士宮市、伊豆の国市、箱根町
その他の地域もご相談に応じます。

※2021年1月31日更新

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休