お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集

富士宮市の屋根塗装防水


屋根防水でウレタン塗装かシート防水かで迷った時の比較


 屋根塗装といえば、屋根用の耐久性の高い塗料を塗装する場合と屋上陸屋根などの防水を主な目的とした防水工事があります。屋根の防水でウレタン塗装による防水とシートによる防水で迷った時は何が決め手になるのでしょうか?

 今回は、屋上陸屋根で多いウレタン防水とシート防水について検討してみましょう。



RC住宅の屋上防水

富士宮市 屋根塗装防水

 RC住宅とは鉄筋コンクリート造りの建物です。木造家屋のような屋根ではなく、屋上は平らな屋根になっていることが多くなります。中小規模のビルの屋上陸屋根の防水工事では、費用帯効果の問題からウレタン塗装防水やシート防水が行われています。



ウレタン塗膜防水とは?

富士宮市 屋根塗装防水

 外壁塗装などの塗料にも使われているウレタン樹脂を使った防水層を作る施工法です。複雑な形状にも対応しており、つなぎ目のない塗膜で雨漏りしにくいというメリットがあります。

 施工方法が簡単で施工料金も手頃なので、元の防水層の上から塗り重ねて補修できるため、防水層の改修や補修にも最適です。5年ごとのトップコートを塗り替えすれば、10年以上も使えることがあります。

 ウレタン塗膜防水は、シートを使わない施工法であるため、広い面積の屋上にも対応しており、施工料金もそれほど高額になることはありません。ウレタン防水には、密着工法と脱気筒を設ける通気緩衝工法があります。

市川塗装の屋根塗装防水ページ



2種類のシート防水

富士宮市 屋根塗装防水

 下地に直接貼り付けて施工する密着工法とディスクを打ち込み通気性のある絶縁シートを設置し雨水や空気を排出できる絶縁工法(機械固定工法)があります。

 高い耐久性を求めるなら絶縁工法です。シートはゴムシートと塩ビシートがあります。塩ビシートのほうが高い耐久性を持っています。

 防水シートは、建物の形状に合わせて調整する必要があり、つなぎ目ができるのでそこから雨漏りがしやすいというデメリットがあります。

 密着工法を採用する場合は、下地が平らになっていないとシートが密着せず施工しにくくなります。下地が凸凹しているようなら通気層を設ける絶縁工法のほうがいいでしょう。

 シート防水のメンテナンスでは、トップシートの塗り替えで対応できる場合もありますが、経年劣化が進むとシートが傷んでいきます。薄いシートだと経年劣化で破れることもあります。シートがボロボロになったら、全て交換しなければなりません。

 交換時は、旧防水シートの撤去や廃棄にかかる手間と費用が必要です。



施工料金にはそれほど差がない


 シート防水は、塩ビが1平米あたり4000~7500円、合成ゴムが1平米あたり4000~7000円です。一方のウレタン防水は、1平米あたり4500~7500円です。同じような価格帯ですが、耐用年数でみると、シート防水が10~15年、ウレタン防水が8~10年です。

 メンテナンス回数が増えると、支払う施工料金の合計が高くなるので、耐久性の高い塩ビシート防水が第一候補に挙がってくるでしょう。シート防水で施工時に制限が出るなら、ウレタン防水を選ぶようにしましょう。

富士宮市の外壁塗装なら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINEでご相談
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休