お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
外壁塗装で色が人に与える印象2
公開日:2017年09月14日 カテゴリー:裾野市深良

外壁塗装 印象


 外壁塗装では色の心理的効果を少し意識するだけで印象度もさりげなくアップ


 外壁塗装では、好みの色をベースにしつつ、町並みや周囲の環境にも上手く溶け込むような色を絞り込んでから、最終的な塗装色を決定しています。

 外壁塗装の色選びでは、施主が好む色が優先されることは当然ですが、選んだ色がそのまま採用されることは少ないでしょう。

 様々な角度から検討を重ねるだけではなく、色が持つ心理効果も忘れずに上手に活用すれば、今のお住まいの印象を格段にイメージアップさせたり、全く異なるイメージに変えたりすることも可能です。

 色の心理的な効果は、カラーに関する仕事に携わる専門家にとっては、当たり前の知識となっていて、すでにわかっていることが数多くありますので、外壁塗装でも活用しない手はないでしょう。

 しかし、いい色やお気に入りの色を選んだとしても、装飾・デザインの種類や塗装する面積の大きさ、周囲の環境や景観と調和した色選びなど、様々なポイントを一つ一つ丁寧にクリアしていなければ、期待する色の効果がうまく引き出せないので、失敗に終わることもあります。

 そこで、色が人に与える印象といった見方を中心としながら、その心理的な効果を分析していきます。



対照的な暖色系と寒色系の心理的効果


 色そのものは、心理的な効果を持つことがすでにわかっており、塗装色以外でも車の色や包装紙、商品のデザインと色などの各方面で大いに活用されています。

 心理効果を元にして色をグループ化し対比させれば、色の特徴がわかりやすくなり、説明しやすくなります。

 外壁塗装では、例外はありますが、金や銀や原色などのギラギラするような目立つ色を使う人は少ないでしょう。

 わかりやすく目立たせる必要がある店舗の装飾でない限り、戸建て住宅の外壁塗装なら目立つような色を避け、どちらかといえば、落ち着いた色や優しくて柔らかい色、癒されるような色のほうが多くの方に好まれます。

 例えば、暖色系や寒色系の色は、どちらもよく採用されている色で、対比させて使うと印象に残る色になったり、逆に高級感や重厚感のある演出ができたりします。

 暖色系の色といえば、暖かさを感じさせる色のことです。

 具体例でいえば、赤や橙、黄色などの明るくて元気な色といえば、思い浮かびやすいでしょう。

 これらの暖色系の色は、見る人にポジティブで元気な印象を与えることができます。

 逆に寒色系として知られている、青、紫、緑などの色は、海や水を連想させるため、落ち着いた雰囲気のイメージを印象付けることができます。

 外壁塗装で使う色は、単色か、ツートンカラーなどの2色までが多くなっていますが、こちらでご紹介した暖色系や寒色系の色も少しでも採り入れて、配色を上手く工夫すると、ご自身が思い描くような色が持つ印象を相手に与えることができるでしょう。

 

裾野市深良で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休