お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
耐久性に優れた油性塗料は取り扱いに注意
公開日:2020年02月09日 カテゴリー:清水町玉川 タグ:

耐久性に優れた油性塗料は取り扱いに注意

清水町の油性外壁塗装

 塗料を大きく2種類に分けると水性塗料と油性塗料の2つになります。塗料の耐久性や密着性が高いのは、油性塗料であると言われています。ここでは、油性塗料の特徴やメリット、使用時の注意点などについて解説していきます。


プロが使う油性塗料の特徴とは?

 昔から塗装の現場ではよく使用されてきた油性塗料は、シンナーなどの有機溶液を使っています。シンナーは刺激臭で体にもよくないので、内装には使用できません。取り扱いだけではなく、保管にも気を遣わなければなりません。

 乾燥すると、雨水に強くなり、外壁表面をしっかりと保護し、高い耐久年数を維持しますので、塗料の品質などを重視するなら油性塗料がおすすめです。

 油性塗料をさらに細かく分類すると、「溶剤」と「弱溶剤」に分けることができます。溶剤とは希釈するために使用する液体のことです。弱溶剤のほうが、環境や人体にも優しいと言われています。

 そして、主剤と硬化剤に分かれており、使用時に混ぜて使う「2液型」と主剤と硬化剤が最初から一緒になっている「1液型」があります。


油性塗料は塗料としての耐久性や密着性が高くメリットが多い

 塗料の耐久性や密着性を重視した塗料選びをするなら、油性塗料がおすすめです。臭いや値段が高くなるのも当然ですが、期待するような長寿命で雨水にも強い油性塗料として使用できます。

 プロの塗装職人は、油性塗料を使用することが多く、塗装後の仕上がり品質の高さや長寿命の塗料を希望される場合は、最終的には油性塗料を選ぶことになるでしょう。


油性塗料使用時の注意点

 シンナーの強い臭いには要注意です。ご自身だけではなく、臭いは近隣住民にも影響を与えますし、健康を害することもあります。また、引火性が強いシンナーですので、夏場や乾燥した時期の塗料の保管場所や管理方法などにも十分に注意する必要があるでしょう。

 油性塗料でも、溶剤よりも弱溶剤のほうが環境や体に負担がかかりません。使用時に硬化剤を混ぜる2液型は、手間や技術が必要とされますので、プロの塗装職人がよく使用しています。2液型の油性塗料のほうが、密着性や耐久性が高くなることがわかっているからです。

 2液型は、使用時に硬化剤を混合し、そのときに全て使い切らなければなりません。一度混ぜると6~8時間で固まってしまい、使うことができなくなるからです。

 屋根や外壁塗装では、全ての塗装箇所に油性塗料を使用する必要はなく、外壁などの広くて大量に塗料を使用するときには水性塗料を使ったり、傷みやすい箇所には油性塗料を使用したりするなど、うまく使い分けできるプロの塗装職人がいる塗装業者がおすすめです。

 

清水町玉川で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休