お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
一長一短のウレタン塗料とシリコン塗料の選び方
公開日:2020年09月10日 カテゴリー:御殿場市大坂

一長一短で用途に合わせて選びたいウレタン塗料とシリコン塗料の選び方

外壁塗装 御殿場市


 屋根や外壁に使う塗料には耐久性を元にしたグレードに分類されています。塗料のグレードといえば、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などが挙げられますが、その中でもウレタンやシリコンは、よく使われる塗料でも真ん中あたりのグレードです。

 塗装工事では、塗料のグレードの見分け方や選び方が難しいことが問題になることが多いので、今回はよく使われている塗料についてご紹介します。


ウレタン塗料


 一般的にはウレタンよりもシリコンのほうが塗料のグレードが高いと言われています。ポイントとなる価格相場、耐用年数を比較すると、ほとんどのケースでは、ウレタンよりもシリコン塗料のほうが上です。

 ただし、同じ塗料の中にもグレードの差が設けられていることがありますので、価格差が生まれることがあります。

 ウレタンでも追加で特殊な機能を追加したような塗料なら、シリコンよりも耐久性がよくなり、価格が高くなっている製品がありますので要注意です。

 しかし、シリコン塗料で塗れない箇所はウレタン塗料で対応することがあり、シリコン塗料が万能なタイプではないことも知っておきましょう。

 おすすめの塗料がシリコン系塗料であっても、その他のウレタンやフッ素などを使う場面もあります。

 例えば、密着性の高さはウレタン、色あせしにくいのはシリコン、塗装の容易さはウレタンなど、それぞれの細かい特長を見るとはっきりとした違いがあり、塗装の現場では使い分けたほうがいい場合があるからです。

 屋根や外壁の塗料として使用する場合は、使用環境も含めて塗料選びをすることがポイントです。

 グレードが低いとされるウレタン塗料は、外壁塗装で昔から使われてきたということで歴史や実績が豊富なために、今でもいろいろなケースで使われている優れた塗料であることには間違いありません。

 シリコン塗料やフッ素塗料は後から登場した新しい塗料ですが、新製品ほど改良が加えられ、性能や耐久性がアップしています。

 新製品ほど機能性や耐久性が高くなりますが、値段にも反映されるため、塗料も塗装料金も高くなる傾向があります。

 ウレタン塗料は、柔らかい塗膜を形成し、ひび割れに強い性質を持つ塗料です。例えば、木部に塗装する場合は、シリコン塗料よりもウレタン塗料を選んだほうがいい、とされています。


シリコン塗料


 シリコン塗料は、ウレタンよりも後に登場した歴史の新しい塗料ですが、施工数や実績ではすでに塗装の現場でも主流となっています。

 今現在、屋根や外壁の塗装工事では、ウレタンよりもシリコン系の塗料を使うことが多くなっているということです。

 シリコン系の塗料は、塗料の持ちの良さが人気で、当初はウレタン系の塗料よりも価格が高かったのですが、5年ぐらい前から手頃な価格に落ち着いてきています。

 性能やグレードによりウレタン塗料よりも安くなってしまう場合もあり、デメリットも少ないので外壁塗装業者もまず最初にシリコン塗料を勧めるようなケースが増えています。

 シリコン塗料は、主成分にシリコンを含み、安定した性質を持っているため、屋根や外壁などの耐久性が求められる場所には最適な塗料です。

 塗料の持ちがいいとは、主にシリコンの性質によるものです。シリコン系塗料の耐久年数・耐用年数は、8~15年程度もあり、塗り替えメンテナンスの時期に合わせやすい年数です。

 また、塗装表面に汚れがつきにくく、色あせも少なく、長期間使えるという特長があります。


ウレタン塗料とシリコン塗料で迷った時の選び方のコツ


 グレードがよく似ていて、値段にも差がないウレタン塗料とシリコン塗料で迷った時は、何を基準に選べばいいのでしょうか?

 ウレタン塗料とシリコン塗料を比較する場合、価格の差が少なく、グレードによっては価格が逆転することもあり、値段だけを基準に選ぶことのないようにしましょう。

 ウレタンとシリコンの性質をよく見極めたうえで、より塗装箇所に適応した塗料を選択して、塗装するべきでしょう。

 あらゆる面でシリコン塗料のほうがいい優れている、全てシリコン塗料で問題ない、という塗装業者もいますが、屋根用と外壁用では同じシリコン、ウレタンの塗料であっても、屋根用のほうが耐用年数が短くなってしまいます。

 屋根や外壁の再塗装工事、塗り替え工事は、同時に行うとコストダウンになりますが、同じ塗料を選択することはなく、塗装箇所が異なるとより塗装箇所に対応した塗料を選択してください。

 仮に、同じ塗料を使うとしたら、耐用年数にズレが生じてしまいます。そのため、屋根に使用する塗料は、外壁塗装に使った塗料よりも性能や耐久性やグレードを上げることで再塗装のタイミングを合わせることができます。

 塗装工事は、一度きりではありません。将来の塗装メンテナンスを考えた塗料選びも、塗装専門業者ならベストの組み合わせを提案してくれるはずです。

 

御殿場市大坂で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休