お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
外壁塗装防水工事の知識!三島市
公開日:2021年01月31日 カテゴリー:三島市

外壁塗装防水工事の知識!三島市

 

 屋上陸屋根やベランダ・バルコニーなどの防水工事は雨漏りの事前対策として必ずやっておくべきことです。さらに外壁材にも外壁塗装防水工事が必要です。外壁塗装防水工事は、防水性の高い塗料を使った塗装工事です。具体的にはどのような塗装工事になるのでしょうか?

 


 

外壁材を保護する防水塗装

 

 外壁材は、元々耐久性の高い建材ですが、毎日雨風や太陽光の紫外線にさらされています。そのため、少しずつ経年劣化していきます。経年劣化を遅らせるためには、耐久性の高い塗料で塗装することが重要です。

 その際、できる限り防水性能の高い塗料で塗装すると、クラックや塗膜の剥がれによる雨水の浸入を防ぎ、湿気による腐食や雨漏り被害の発生を予防することができます。このような意味で、外壁材をしっかりと保護できる防水塗装工事が定期的に行われています。

 


 

外壁塗装防水工事では主に弾性塗料を使用

 

 外壁塗装防水工事では、ゴムのように伸縮性が高くひび割れにも強い「弾性塗料」を使って塗装工事を行っています。弾性塗料は、伸縮性が高く外壁材のひび割れにも追従し、塗膜の剥がれなどが少なく、外壁材を塗膜の防水性能でしっかりと保護できます。

 金属系や窯業系サイディングボードでは、弾性塗料が使えないケースもありますので、使用する場合には必ずプロの塗装専門業者に相談するようにしましょう。

 


 

微弾性フィラーを使った外壁塗装防水工事

 

 単層弾性塗装や複層弾性塗装は、それぞれにメリットやデメリットがあります。コストパフォーマンスに見合った外壁塗装防水工事をお考えなら、「微弾性塗料塗装」です。これは、微弾性フィラーを使った下塗り塗装が重要で、中塗り・上塗り塗料については自由に選択できます。

 微弾性フィラーは、密着度を高めるシーラーと下地調整のフィラーの両方の機能を併せ持つ優れた下塗り材です。通常の三度塗りで仕上げられますので、費用が高くなることはありません。微弾性フィラーは、軽度のひび割れに追従し、塗膜に生じるクラックや剥がれなどを予防します。

 しかし、弾力性については、微弾性フィラーよりも弾性塗料のほうが優れています。外壁塗装防水工事は、10~15年を目安に再塗装が必要です。また、自然環境や自然災害により、想定以上に劣化が進行し、大きなクラックの発生や各部位の破損などの兆候が見られた場合は、その都度補修と再塗装が必要です。

 

三島市で外壁塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休