お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
  • トップ
  • 富士宮市の屋根ブルーシート

富士宮市の屋根ブルーシート


雨漏りの応急処置には屋根ブルーシートが役立つ!


 屋根ブルーシートは、自然災害時や雨漏りトラブルの他、お住まいの内装修理やリフォーム時の養生などに欠かせない存在です。あらかじめ丈夫で十分な広さの面積の屋根ブルーシートを自宅に保管しておくともしもの時に安心です。

 今回は屋根ブルーシートが役立つケースについて具体的な事例を使ってご説明していきます。



棟板金部分の応急処置に使用

富士宮市 屋根ブルーシート

 棟板金は屋根の一番上にある部材で、台風や突風などで外れてしまったり、そのまま飛んでいってしまったりすることがあります。経年劣化で釘などが外れそうになっている状態だと危険です。

 壊れた状態のままだと雨が屋根の下に入ってしまうことがありますので、補修や交換の前には一時的に屋根ブルーシートをかけて応急処置を施す必要があります。

 屋根の上の棟板金の箇所は、それほど広範囲ではありませんので、屋根ブルーシートの一部をカットして、養生テープなどでテーピングして風などで飛ばないように応急処置を行います。

富士宮市の屋根ブルーシート、ご相談はこちら



屋根材の一部破損にも使える屋根ブルーシート

富士宮市 屋根ブルーシート

 突発的な自然災害で、瓦やスレート屋根の一部分が外れたり、壊れたりすることはよくあることです。

 一部箇所が破損しているだけなら、屋根ブルーシートを破損箇所がカバーできるサイズにカットして、テープなどで固定します。破損した屋根材も屋根ブルーシートで覆って固定しておきますが、風で動く可能性が高く無理なら全て地上におろしてしまいましょう。

 屋根部分の広範囲にわたる破損があった場合は、屋根ブルーシートも大きなサイズのものを用意して養生する必要があるでしょう。しかし、屋根ブルーシートの面積が広いと風の影響を受けやすくなりますので、屋根の上でしっかりと固定する必要があります。

 屋根ブルーシートの固定には、土嚢を置く方法やハトメに紐をつけて手すりやフェンスなどに括り付けて飛ばないようにする方法があります。

 時間がたつと、紐が緩んで屋根ブルーシートがズレてしまうことがあります。屋根ブルーシートも伸びる柔軟性のある素材を使っていますので、長期間屋根ブルーシートを設置する場合は、たまに点検を行い、位置を調整しなければならないでしょう。

 屋根ブルーシートは、一定以上の厚みがあって、熱や紫外線などにも強いタイプがお勧めです。耐久性のない屋根ブルーシートを使うと、数週間などの短期間で穴あきや破れなどのトラブルが発生し、養生した意味がなくなってしまうからです。

 

富士宮市の外壁塗装なら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINEでご相談
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休