お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
  • トップ
  • 富士市の屋根ブルーシート

富士市の屋根ブルーシート


屋根工事にも使える便利な屋根ブルーシートとは?


 屋根ブルーシートは、屋根工事や塗装工事の養生で活躍する定番の部材です。大災害が発生した後は、入手しにくくなっていますので、平時に必要な屋根ブルーシートを購入していつでも使えるようにしておきましょう。

 便利な屋根ブルーシートですが、厚さや種類によってグレードがあることをご存知でしょうか?今回は、屋根ブルーシートについてご紹介しています。



屋根ブルーシートは薄手よりも厚手を選ぶ

富士市 屋根ブルーシート

 ブルーシートの厚さは、「#1000~」といった番号で分類されています。#1000や#3000などの数値を見かけますが、#3000のほうが厚手になるため、数字の大きなほうが分厚いブルーシートだということになります。

 ブルーシートが分厚いほうがいい理由は、破れにくいだけではなく、防水性能も高くなっているからです。

 薄手の#1000番台のブルーシートは、軽量で取り扱いやすい製品で、ハイキングや花見などのレジャーなどに使用されているものです。用途が少し違うことや耐久性は#3000番台以上のほうが高いので、屋根修理や災害用には#3000番台を使用します。

 同じ#3000番台のブルーシートでも、メーカーや製法によっては耐久性に2倍近くの差が開くこともあります。コストパフォーマンスや重量の問題もありますので、総合的にみてバランスに優れた屋根ブルーシートを選ぶことが重要です。



屋根ブルーシートの大きさ


 大きなサイズのブルーシートが便利ですが、重量が増し、価格も高くなってしまうので、大きすぎるものは避けてください。

 #3000番台なら、5.0m以上のブルーシートを予算に合わせて選びます。10m以上になると大きすぎますし、価格に見合わないので注意してください。

 ハトメのある業務用のブルーシートは、紐で固定するために必要です。家庭用のブルーシートにはハトメがついていない場合がありますので、購入前に必ず確認してください。

富士市の屋根ブルーシート、ご依頼はこちら



紫外線耐候剤や景観に配慮した屋根ブルーシートもおすすめ

富士市 屋根ブルーシート

 防水性を重視し、長期間使用することが多い場合は、紫外線に強い、紫外線UV耐候剤を使った屋根ブルーシートを使うようにしましょう。#3000番台の厚手になり、付加機能が追加されているので、通常品よりも価格がアップします。

 周辺地域の景観や見た目の色についても配慮するなら、ブルーではなくグリーンやシルバーなどの厚手のブルーシートも販売されています。公園や住宅街などで使用する場合は、グリーンなどの目に優しい色を選択するほうがいいでしょう。

 

富士市の外壁塗装なら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINEでご相談
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休