お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集

富士市の雨樋交換


経年劣化による雨樋交換の判断の目安

 

 雨樋の交換は、破損時などの緊急のトラブルの他、経年劣化が進むと必ず必要となるメンテナンスです。雨樋における経年劣化とはどのような状態を指すのでしょうか?

 雨樋の場合は、部分補修で済むことが多いので、タイミングを間違えないようにし、逆に早まって全ての雨樋の交換工事を行わないように注意しましょう。



20年以上たっていたら雨樋交換を検討する時期

富士市 雨樋交換

 一度も雨樋のメンテナンスをする機会がなかったという幸運な方も多いとは思いますが、長い間住んでいると建物も少しずつ古くなり、補修すべき破損箇所が増えていきます。

 劣化状態は、周辺環境や住む人によっても進行状態が異なります。雨樋は、清掃や部分補修、塗装などのメンテナンスを点検を兼ねて5年や10年に1回程度で実施すべきです。

 そして、築後20年以上たっていたら、雨樋の交換時期が迫ってきています。雨漏りなどの大きなトラブルが発生する前に雨樋の交換工事を行うといいでしょう。

 

富士市の雨樋交換の無料見積りはこちら



雨樋の経年劣化症状とは?

富士市 雨樋交換

 雨樋が古くなるとどのような状態になるのでしょうか?雨樋を長い間使用していると、どのような素材の雨樋でも歪みやたわみが生じます。穴が開いて水が漏れている場合もあります。

 ひび割れが発生している場合は、コーキング補修などで対応できることがあります。ひび割れがあちこちにできていて、コーキング補修をしても別の場所からも水漏れがしてしまう場合は、すでに雨樋も寿命を迎えています。全ての雨樋の交換工事を行う必要があるでしょう。



雨樋の塗装はあまり効果がない

富士市 雨樋交換

 すでに経年劣化が進んだ雨樋は老朽化しており、塗装を施して表面をきれいにしたとしても、経年劣化によるひび割れや穴開きの症状が改善するわけではありません。これらの雨樋の不具合は、適切な部分補修が必要です。

 雨樋を塗装しても、すでに寿命を迎えているので、塗装ではなく交換修理を実施してください。

 雨樋の状態が良好なら30年近くもつ耐久性の高い雨樋もありますが、20年以上たっていて一度も雨樋を交換したことがない場合は、迷わずに全ての雨樋の交換工事を行いましょう。

 塗装は、美観の向上に役立ち、比較的新しい雨樋パーツに対しては高い保護効果がありますが、すでに古くなった雨樋に塗装しても期待する保護効果は得られないでしょう。

 雨樋の塗装は、塗装で補修できるという意味ではないので勘違いしないようにしてください。

富士市の外壁塗装なら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINEでご相談
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休