お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
ALCパネルの外壁塗装
公開日:2017年12月18日 カテゴリー:駿東郡長泉町 タグ:

ALC 外壁塗装

 ALCパネルは、軽量気泡コンクリートのことです。内部構造に多くの気泡を持ち、外壁材として使用されています。気泡があるために軽量で耐震性能にも優れています。ALCパネルの外壁塗装や定期的な塗り替えメンテナンスが必要です。

 

ALCパネルの特徴を知ろう

ALCパネルは、軽量気泡コンクリートです。新築ではよく採用されており、歴史も実績も十分あり、施工性も高いことから安心して利用できる外壁材です。ALCパネルは、50年近くの耐久性を誇り、軽量であるだけではなく、断熱性も高く、夏も冬も快適に過ごせるというメリットがあります。コンクリートであることから、耐火性、遮音性も併せ持ち、さらには気泡により湿度を調整する機能も持っています。

しかし、ALCパネルは、吸水性が高いことが逆にデメリットになっており、雨に弱く定期的な塗装メンテナンスが必要です。対候性が弱点となり、防水塗装やつなぎ目のシーリング補修を行うことが前提です。しっかりメンテナンスを行うことで、50年近くの耐久性能を維持することが可能となります。

 

ALCパネルの外壁塗装に使われる塗料の種類

ALCパネルの気泡・穴は、お住まいを快適にしてくれる構造ですが、水が侵入すれば、内部の鉄筋が錆びてしまいます。そのため、防水機能を持つシーリング材を使用します。特にパネルとパネルの間は、水が侵入しやすいため、固くなる前に10年を目安に打ち直しや増し打ちを行います。

下塗材には、フィラーやウレタン系のシーラーを使います。微弾性フィラーを使用する場合は、塗膜や壁面にひび割れが入っているときです。ひび割れをつなぎ、防水効果を高めます。

下塗材の後は、上塗材を使用します。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの各種塗料を塗布していきます。2回塗りを行うのが通常です。水性シリコン、水性ハルスなどの塗料がよく使われます。いずれも防水性の高い塗料です。

 

ALCパネルの塗り替えのタイミングのサインを見逃すな

ALCパネルが劣化しはじめたら、塗り替えや補修を行う必要があります。大きな地震により破損することもありますし、通常でも経年劣化によりひび割れが生じることがあります。

磁器タイルの浮きや剥落は、ドライアウトと呼ばれる現象により、タイルと外壁面の付着力が低下したことが原因です。その他、塗膜の剥離、塗膜の劣化、シーリング材の劣化など、外壁を保護することができなくなったら、ALCパネル外壁の塗り替えのタイミングとなります。

 

長泉町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

 

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休