お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
外壁塗装のツートンカラーはおしゃれ?イメージチェンジしよう
公開日:2021年12月05日 カテゴリー:裾野市

外壁塗装 裾野市


外壁塗装では、イメージチェンジのためにツートンカラーを選ぶことがあります。ツートンカラーを選ぶ場合、以前の外壁では単色で塗装していた場合は、思い切った考え方でメインとサブの2色を選択しなければなりません。ここでは、外壁塗装でおすすめのツートンカラーを選ぶ際の注意点について解説していきます。


ツートンカラーの選び方のポイント

ツートンカラーは、メインとサブの2色を主に使用します。セパレートカラーといって、3色目を使用することもありますが、こちらは色や境界線のメリハリをつけるために使用し、この場合もツートンカラーによる塗装と考えていいでしょう。


ベースカラーとサブのアソートカラー

ベースカラーは、建物全体の6割を占める重要な色です。ツートンカラーであっても、メインとサブでは、塗装面積の大小の違いがはっきりしています。アソートカラーは、サブで使用する色です。ベースカラーに比べると使用面積は、3割程度と少なくなっていますが、色の鮮やかさや色みなどに変化をもたせることで、建物全体の塗装色にメリハリをつけることができます。

3色目を使用する場合は、アクセントカラーとなり、白や黒などの無彩色であったり、目立つ色を選んだりします。しかし、全体の印象を変えるほどのインパクトはなく、使用面積は1割程度です。


ツートンカラーのベーシックな塗り分けパターン

塗装実績の多い色と建物の構造に応じた色分けをすると、失敗が少なく、塗装後の満足度もアップします。

・建物の上下で色分けする

ベーシックな塗り分けパターンです。屋根も含めて塗装色を検討するといいでしょう。戸建て住宅なら、1階と2階の境界線がはっきりしていますし、塗り分けしやすくなっています。

・ベランダやバルコニー

ベランダやバルコニーは、建物から出っ張って飛び出しています。建物全体は、メインとなる色を使用し、ベランダやバルコニーなどの出っ張り部分のみサブのアソートカラーを塗り分けてみると、違和感のないメリハリが出てすっきりした感じになります。色の違いは、出っ張り部分のみになりますが、イメージチェンジに仕上げやすいのでおすすめの色分け方法です。

・垂直方向を意識した色分け

建物上下のツートンカラーもおすすめですが、少し変化を加えたいなら、垂直方向を意識した色分けも検討してみましょう。玄関や屋根など、建物の立体部分を活かし、角で分ける塗り分け方法です。アクセントカラーも細部に使用し3色以上の塗り分けも可能です。

 

裾野市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINEでご相談
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休