お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
【スレート屋根】メンテナンスが屋根の寿命を決める!
公開日:2019年07月29日 カテゴリー:裾野市茶畑 タグ:

【スレート屋根】メンテナンスが屋根の寿命を決める!

スレート屋根 メンテナンス

 コロニアルやカラーベストなどのスレート屋根を選ぶお住まいが多くなっていますが、これらの「スレート屋根」は、塗装などのメンテナンスが定期的に必要です。屋根は、耐用年数を迎える前に定期的にメンテナンスを行うことで、屋根の寿命を延ばすことができます。


一般的なスレート屋根の寿命

 スレート屋根は、主成分がセメントです。一部のスレートには石綿が使用されています。セメントには、防水性がないため、塗装しなければなりません。スレート屋根のスレートは、最初から塗装されていますが、屋根の寿命は塗料の塗膜の寿命にも左右されます。

 スレートそのものは、最長20年程度の寿命しかないので、屋根材の中では耐久年数が短い部類に入ります。しかし、スレート屋根は、お住まいの自然環境によって、劣化の進行が異なります。防水性能が失われたスレート屋根は、10年も使えない場合があり、最悪のケースでは葺き替えしなければなりません。

 同じスレート屋根であっても、塗装メンテナンスを定期的に行うようにすれば、屋根の寿命も30年近くまで延びることがあります。


屋根の劣化症状に注意

 スレート屋根は、他の屋根材に比べると劣化の進行が早いので、劣化症状を見つけたら、すぐに対処すべきでしょう。塗装で済む場合は、塗装を行いますが、修理箇所が見つかった場合は、部分補修を行った後に塗装を行います。

 主なスレート屋根の劣化症状は、屋根の色あせや変色、苔や藻の発生、凍害、反り・滑落などです。このような劣化症状が見つかったら、雨漏りが発生している場合があり、野地板なども腐食しているはずです。劣化症状がひどいと、修理費用が高額になってしまいます。理想は、こうした劣化症状が見つかる前に、塗装などの定期的なメンテナンスを行うことでしょう。


2004年以前のスレートのアスベスト問題

 2004年以前に製造され、販売施工されたスレート屋根には、アスベスト(石綿)が含まれている可能性があります。アスベストは、スレートの強度を高めるために使用されてきましたが、割れたりして周囲に飛散すると人体に悪影響を及ぼします。

 古いスレート屋根は、割れないように定期的な塗装を行うことが重要です。人体に悪影響を及ぼすことがわかり、2004年の10月にはアスベストの使用が禁止されました。


塗装や部分修理で寿命を延ばす

 防水性能の低いスレート屋根は、防水性の高い塗料により定期的に塗装することで、30年近い保護機能と強度を保つことが可能です。スレートは、10~15年ごとに塗装が必要ですが、コスパを重視し、寿命の長い塗料を使用することがポイントになります。再塗装の際には、屋根の部分補修もしっかりと行いましょう。

 シリコン塗料による塗装が一般的ですが、7~10年の耐久年数しかありません。15年以上の耐久年数をご希望なら、フッ素や無機塗料がおすすめです。塗装単価は、シリコン1平米あたり2000~3500円、フッ素1平米あたり3000~5000円、無機1平米あたり3500~5000円です。

 

裾野市茶畑で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休