お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
イメージ通りの仕上がりはプロの塗装工事の仕事
公開日:2019年08月03日 カテゴリー:裾野市千福 タグ:

イメージ通りの仕上がりはプロの塗装工事の仕事

外壁塗装 イメージ

 外壁塗装工事は、塗装工事はプロが行いますが、事前の色選びや配色が非常に難しく、慎重に検討を重ねたうえで、カラーシミュレーションや塗料のサンプルをよく見て判断する必要があります。イメージ通りの塗装仕上りにするには、どうすればいいのでしょうか?


建物の色選びの基本や原則に従う

 外壁塗装は、光の当たり方や環境の違いにより、色味などが見る人に違った印象を与えることがあります。カラーシミュレーションではばっちりだったけれど、実際の外壁の色を見るとなんだか違ったイメージになってしまうことがあるのも不思議なことではありません。

 そんなことのないように基本の色選びの原則を守りながら、実際にお住まいの建物を参考にして色選びを行う必要があるでしょう。建物に使用されている色は、自然の色に近い色が好まれます。例えば、土や石、木材に近い色です。

 色味としては、ベージュ、ブラウン、アイボリー、グレー、白などです。赤、青、黄などの原色をそのまま使うことはありません。鮮やかすぎる色や蛍光色も敬遠されます。明度の高い色を使用しますが、色の面積が大きいと明るくみえる効果があることも知っておいてください。

 建物の外壁に選ぶ色は、汚れや変色、色あせなどが目立ちにくい色を選んだほうがいいことがあります。鮮やかな色、黒などの濃い色は、色あせしやすく、汚れがつきやすい色です。


1色ではなく2、3色を使い分ける

 建物に同じ色一色だけを使用すると、メリハリのないイメージになってしまいます。しかし、色の種類が多すぎると、逆にまとまりがなくなってしまいます。色の塗り分けを行う場合は、2~3色が限度です。色分けの基本としては、ベースカラー、サブカラー、アクセントカラーの3種類でOKです。

 いろいろな色を使いたい、原色や鮮やかな色を使いたい場合は、アクセントカラーに持ってくるとまとまりのある外壁色になります。そして、建物全体だけではなく、周囲のお住まいや環境との調和を考えて全体の色を調整してください。


テーマやイメージに沿った色選び

 塗装業者では、好みやライフスタイル、イメージなどからお住まいの配色があらかじめセットされて紹介されています。シンプル、和風、クラシック、エレガント、カジュアル、モダン、ナチュラルなどなど、イメージに沿った色選びができるように、イメージに合わせた配色をカラーサンプルとしてまとめている塗装業者がたくさんあります。

 プロが選んだ配色パターンですので、間違うことはありません。専門家と相談しながら、どのような色を使うと、どのようなイメージにできるかをよく知り、間違いのない色選びを行うようにしましょう。

 

裾野市千福で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休