お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
環境に優しく作業も安全な水性塗料が人気
公開日:2020年02月12日 カテゴリー:清水町徳倉

環境に優しく作業も安全な水性塗料が人気

清水町の外壁塗装


 臭いが少なく、塗装業者の職人も安心して取り扱うことができる塗料といえば、「水性塗料」です。

 これまでは油性塗料のほうが塗料の性能が高いとされてきましたが、環境や近隣住民への配慮から水性塗料も機能や性能が向上しており、積極的に水性を選ばれる方も増えています。

 水性塗料は、耐久性や耐候性の面では油性塗料にはかないませんが、人体に安全な水を使って希釈するので、手や床などに付着しても簡単に洗い流せます。

 このように、水性塗料は、環境に優しい塗料として、塗装の現場でも人気が出てきています。



水性塗料とは?油性塗料との違いなど


 塗料を大きく分けると、油性と水性の2種類に分類できます。塗料を塗装する時は、塗料に含まれる顔料や合成樹脂などを希釈する(薄める)ために、溶剤などのシンナーや水なども一緒に使います。

 塗装した時にきれいな色が出るのは、塗料に含まれている顔料で着色しているからです。そして、シリコンやウレタン、フッ素などの合成樹脂には外壁や塗装面を保護する力があります。

 水性塗料は、希釈剤に人体や環境に安全な水を使っています。一般的には、油性塗料のほうが耐久性が高く、高機能の塗料が多いようですが、水性塗料も年々改良や開発が進み、耐久性も向上しているため、塗装の現場でも選ばれるケースが増えています。



水性塗料のメリット


 水性塗料が人体や環境に安全であるという理由は、希釈剤に臭いの強いシンナーなどの人体にとって有害な溶剤を使用していないからです。代わりに、水道水などのどこにであるある水を使って希釈しています。

 水を使用しますので、VOC(揮発性有機化合物)などの排出が少なく、環境や人体にも優しい環境配慮型の塗料となります。水性塗料は、取り扱い方法や保管方法も簡単で安全です。油性塗料のように、引火性の高いシンナーのような危険な溶剤を使用していないからです。

 水性塗料は、施工時に安心して使用できるだけではなく、施工後も安心が長続きする塗料です。塗装職人にも居住者にも周辺住民にも安心してもらえる塗料なら、環境配慮型の水性塗料を選ぶべきでしょう。

 水性塗料にもそのままの状態で使える「1液型」と主剤と硬化剤を混ぜて使う「2液型」の2種類があります。水性塗料は、2つの材料を混ぜて使用しない1液型の製品が多く、安全なだけではなく塗装職人が取り扱いやすいタイプの塗料の種類や数が多くなっています。



水性塗料の耐久性の問題


 塗装職人は、油性塗料を選ぶことが多く、プロの方ほど自分が使う塗料の性能にはこだわりを持っています。塗装後の仕上がりや耐久性、性能などはできる限りよいものを選ぶべきであることをよく知っており、塗料選びにもこだわりがあります。

 そのため、水性塗料と聞くと、耐久性に少し難アリ、と思う方もいらっしゃいますが、手順通りに塗装作業を行っている限りは、耐久性が大幅に劣ることはありません。

 メーカー指定の乾燥時間をきちんと守り、水分が蒸発して予定通りに塗膜が硬化していれば、塗装後にも多少の雨で色落ちしたり、塗料が流れ落ちたりすることはありません。

 しかし、油性塗料に比べると乾燥時間が長くなる傾向があります。塗料が十分に乾燥するまでには少し時間がかかるため、穏やかに晴れて天気のよい乾燥した日を選んで塗装作業を行う必要があるでしょう。

 水性塗料で塗装するときは、気温が低すぎる時や降雨時などは、塗装作業が中止になることがほとんどです。調整日を含めて、スケジュールには十分に余裕を持たせて組んでもらうようにしてください。



水性塗料使用時の注意点

 

 施主が水性塗料を使うことはありませんが、塗装の現場では安全だと言われている水性塗料を使う場合でも注意すべき点がいくつかありますので解説します。

 水性塗料施工時には、降雨や結露などを避ける必要があります。湿気や水分の影響により、塗装後の塗膜の形成が大きく変わってしまうことがあるからです。特に、塗装当日の天候には十分に注意しなければなりません。

 気温が5℃以下になると、塗膜の硬化機能が低下しますので、水性塗料を塗装するには不向きな環境となります。気温が大幅に低下している時や降雨時や大雨が予定されているような時期は、無理に塗装作業を行う必要はないでしょう。

 また、塗装前の下地調整では、塗装後のトラブルを防ぐためにも、油分が残らないようにしっかりと汚れを取り除く必要があります。

 

 

清水町徳倉で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休