お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
雨の日は塗装しないのは鉄則?
公開日:2020年04月03日 カテゴリー:沼津市西椎路 タグ:

雨の日は塗装しないのは鉄則?

沼津市の外壁塗装

 雨の日は塗装しません。これは塗装業界や職人さんの間では常識です。例外として、雨の日でも塗装できる塗料もありますが、基本的にはよく晴れて乾燥した日に塗装作業が行われます。今回は、雨の日に塗装しない理由についてご説明していきます。


雨の日は塗装しにくい

 塗装業者や塗装職人は、雨が降ってきたら塗装作業を中止します。雨の日に塗装すると、外壁表面に水滴がついてしまうので、塗料が乾燥しにくくなります。

 もう少し専門的な解説をすると、雨と塗膜の間に弱境界層ができ、塗膜が剥がれやすくなってしまうからです。塗料が劣化すると塗膜や錆びなども弱境界層になり、次第に剥がれていきます。

 塗装作業をしている現場でも、降雨時や雨が続くときは、経験から塗装が剥がれやすいとわかっていますので、塗装職人は塗装作業をストップして休みを取るケースがほとんどです。


塗装に適した時期や条件とは?

 外壁塗装作業は、原則として屋外で行われます。そのため、塗装時の気候条件を無視して塗装することはできません。必ず、気温や湿度などをよく確認し、塗装に適した条件がそろっていることを確認して、丁寧な塗装作業を行います。

 ここで、塗装できない条件を確認しておきましょう。気温が5℃以下の場合や湿度が85%以上あると、塗装ができなくなります。この条件に当てはまると、塗料が硬化せずに、質の高い塗膜が形成されなくなるからです。

 そのまま塗装作業すると、塗料と塗装面との密着度が悪くなり、塗膜が剥がれ、浮いてしまう症状が早期に出てしまうでしょう。また、今は晴れでも、天気予報で雨の予報が出ている場合は、塗装作業を中止する場合があります。

 塗装後は、定められた乾燥時間も必要です。2~3時間の乾燥時間で済む場合もありますが、一日乾燥させなければならない塗料もあります。乾燥していない状態で次の塗装作業はできませんので、塗装作業の日程を組むときは、余裕を持たせたほうがいいでしょう。


降雨時にも塗装できる塗料のご紹介

 関西ペイントが取り扱う、「アスレダイナミックトップ」は、強化剤を加えることにより、雨の日や多湿な環境でも塗装できるようになっています。つまり、降雨時にも塗装作業が可能です。塗装作業の日程に余裕がない場合は、こうした特殊な塗料を使用するといいでしょう。


予備日を必ず設け余裕のある工事のスケジュールを

 塗装業者では、雨の日には塗装作業を休むようになっています。塗膜の仕上がりや品質にも影響しますので、降雨時や湿気の多いときは、塗装作業をストップしてもらいましょう。

 塗装に適した条件を満たした、晴れの日が多く、乾燥した季節に塗装作業ができるように、あらかじめ余裕を持たせた計画やスケジュールを組み立てていきましょう。

 

沼津市西椎路で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休