お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
外壁塗装時の下地調整材
公開日:2017年07月24日 カテゴリー:沼津市東椎路 タグ:

外壁塗装 下地

 

外壁塗装では最も重要な下地調整

 外壁塗装は、ただ単に塗料を塗っているわけではなく、奥が深いものです。下地調整や塗り工程などの他、塗料の種類も異なります。塗り替えでは、旧塗料に何を使っているのかによっても、塗装前の準備においてやるべきことが変わってきます。

 下地処理をしないままの塗装は、塗料の効果が発揮されず、長期的にお住まいを保護することができません。下地調整の不備は、塗膜の剥がれや錆びを発生させ、躯体の劣化も早まってしまいます。

 塗料の性能を最大限に発揮させるには、適切な下地調整材を使用し、素材や症状に合った補修を行う必要があります。

 

下地調整に使われる材料

 下地調整に使われる材料としては、シーラー、フィラー、プライマーなどが挙げられます。シーラーは、上塗り塗料との密着性を向上させたり、吸い込みを防止し、アルカリを押さえる働きがあります。接着剤のような役割です。

 フィラーは、下地の状態を整えるコテ塗り材です。下地の不陸を補修し、ひび割れを隠したり、模様を変えたいときに使用する道具です。セメントや樹脂のフィラーが多く、シーラー機能を持ったフィラーも用意されています。

 プライマーは錆止めとも呼ばれます。鉄やアルミ面に塗装を行う前に、錆び止めと密着性を高めるために使用します。こうした下地調整材を使い、モルタル面などのひび割れ、亀裂を補修し、チョーキング、錆びに対する処理を施します。

 

沼津市東椎路で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休