お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
外壁塗装の必要性とタイミング
公開日:2017年10月19日 カテゴリー:沼津市岡一色 タグ:

 

外壁塗装 タイミング

 新築から10年を過ぎた頃から、近所の家も塗り替えをやりはじめ、ハウスメーカーの定期点検や、飛び込みのセールスマンが「そろそろ塗り替えをしないと・外壁塗装の必要性、塗装のタイミングは?・・」など言われている方もいるのではないでしょうか?

・外壁塗装は本当にしなくちゃダメなの?
・あとどれくらい先延ばしにできる?

そのように思っている方もいるでしょう。今回は、そのような方のために、住宅の塗り替えの必要性と、塗り替えのタイミングについて紹介していきます。

 

塗り替えの必要性(塗装の目的)

 「塗装」の目的は、見た目を綺麗にするという「美観」と、紫外線や雨などから建物を守る「保護」の2つです。美観は気にしなければいいですが、建物を守る「保護」については建物の現状を維持していくうえで必ず必要になります。

 外壁や屋根は長い間、紫外線や雨、風にさらされて劣化していきます。 劣化を防いでくれている塗膜には寿命があります。新築時の塗膜の寿命はおよそ10年です。その頃には、外壁塗装や屋根塗装によって、新しい塗膜を作らなければなりません。

 

放置するとどうなる

 地震や強風による外壁の動きが回数を重ねると、壁に小さなひび割れが発生します。構造上、柱の少ない開口部(窓)の角に多く発生します。外壁材がサイディングであれば、シーリング(コーキング)に亀裂が入り、そこから雨水が入ります。

 防水されていない外壁材の側面が水を吸水し湿潤、乾燥を繰り返すことで、外壁材が軟弱になります。やがて反りや剥がれが発生します。屋根についても同じで、あまり放置してしまうと屋根材、外壁材自体が劣化してしまうため、外壁材の張替え、屋根材の葺き替えが必要になることもあります。

 

塗り替えのタイミング

(チョーキング現象)

下記の症状があれば塗り替えの時期が来ています。

・外壁材に触ると手に粉のようなものが付く(チョーキング現象)
・新築から10年が経過している
・屋根にコケや藻が付着している
・シーリング破断して隙間が見える
・塗膜が剥がれていて素材が見えている

 

まとめ

 定期的に我が家の状態を確認し、塗り替えの時期を把握しましょう。あまり放置してしまうと本来必要のない補修工事が発生し、高額なお金がかかってしまうこともあります。外壁や屋根のメンテナンスは、塗料のグレードにもよりますが、10年に一度考えるようにしましょう。そうすることで、家にかけライフサイクルコストを安く済ませることができます。

 

沼津市岡一色で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休