お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
葺き替え工事をするデメリットについて
公開日:2016年04月21日 カテゴリー:沼津市大岡

葺き替え


 屋根の葺き替え工事には、様々なメリットがあることを前回お伝えしました。しかし、メリットがあればデメリットもあります。第一のデメリットとして考えられるのは、既存の屋根材の撤去作業が必要となり、その処理費用が加算されるため、総工事費用が高額になってしまうという点です。

 新築時のように新しい屋根を葺く場合は、何もないところへ新しい屋根材を運んで使っています。しかし、屋根の葺き替え工事では、まず古くなって使えなくなった屋根材を外した後にその撤去作業も必要です。その後、新しい屋根材を葺いていきます。

 古い屋根材は処分するために廃棄物処理処分場にトラックで運ぶ必要がありますし、アスベストを含有した屋根材の場合なら、運んだ先で適切な処理を行うための追加費用が必要となることがあります。しかも、屋根材の葺き替え工事では、撤去の際にも騒音がするため、近隣住民にも特に配慮しなければならないでしょう。

 それだけではなく、屋根の葺き替え工事は、どうしても古い屋根材の撤去作業が伴うために、新築工事に比べて工事期間が長くなる傾向があります。工期が長くなると、塗装職人を拘束する時間も長くなり、それだけ人件費も増加し、総費用のアップにつながると考えられます。

 一般的な屋根の葺き替え工事では、屋根の表側になる屋根材の交換作業だけではなく、屋根下の野地板や防水シートなどの下地部分に関わるものが全て新しくなります。

 部分補修ではなく全ての屋根材が新しくなるので、今後の雨漏りの発生などの各種屋根トラブルを心配する必要がありません。

 屋根を一新する葺き替え工事をするだけでも気持ちがリフレッシュする効果がありますが、予算の関係もよく考えてどのような工事内容にするべきかを決める必要があります。

 屋根の葺き替え工事にも、メリットやデメリットがありますので、わかる範囲で事前に「屋根の葺き替え」に関してよく調べて他の工法ともよく比較検討する必要があるでしょう。

 

沼津市大岡で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休