お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装工程の流れは重要!正しい知識で悪徳業者を撃退
公開日:2021年04月10日 カテゴリー:沼津市原

外壁塗装 沼津市


外壁塗装工事について最初から正しい知識を持っている人は少なく、何も知らない状態で塗装業者と打ち合わせを行っても、担当者の言うことが全く分からずに「全てお任せ」になってしまいます。塗装業界は、悪徳業者も多いので、ダマされないように基本的な塗装に関する知識として、塗装工程の流れを押さえておきましょう。


 

外壁の塗装工事には流れがある!

外壁塗装工事を進めるためには、基本的なルールが存在します。現地調査でいきなり塗装工事を始めることはありません。段階を踏んで、塗装作業へと進んでいきます。

最初から工事完了までの最後までの中で、最も重要となる「塗装工程の流れ」を知っておくと見積り段階や塗装作業開始後も慌てることなく、事前対策を施し、さまざまなトラブルに備えることができます。


 

塗装工程の簡単な流れ

大まかに分けると、足場の設置→下地処理→三度塗り→付帯部塗装→確認・足場撤去の5つの段階に分かれます。外壁や屋根の塗装を行う場合は、外壁塗装が終わった後に屋根の塗装が行われます。

 

1、足場の設置

塗装工程の最初に行われる重要な作業工程です。足場は、職人が安全に作業しやすいように設置されます。家を一周するように足場を組み上げます。その後、塗料の飛散を防ぐ、飛散防止ネットを張っていきます。


2、下地処理

下地処理では、高圧洗浄、養生、クラック補修などの下地調整処理が行われます。塗装前に塗装面の汚れや油、苔・カビなどをしっかりと取り除きます。高圧の水を噴射して汚れを剥ぎ落とすような感じです。

次の養生では、塗装する必要のない箇所をビニールで保護する作業を行います。窓やサッシ、玄関ドアなどは丁寧にテープで養生し、塗装の境界線をはっきりとさせます。

そして、下地調整では、外壁や塗膜のクラック、剥がれ、膨れなどを手作業で丁寧に補修していきます。下地と塗料がしっかりと密着しやすいように表面をきれいにします。


3、三度塗り

屋根や外壁の塗装工事では、三度塗りが基本です。三度塗りとは、下塗り、中塗り、上塗りのことです。下塗りでは、塗料の塗膜がしっかりと外壁に付着するように下地専用の塗料を塗ります。

次の中塗りや上塗りは、外壁の色となる重要な塗料です。上塗り2回とも呼ばれ、下塗り材をコーティングして、外壁塗膜を形成し、外側の環境から外壁材を守ります。

指定された量の塗料を使用しなければ、塗装の塗膜の正常な保護機能や耐久性能が発揮されないことがありますので、しっかりと塗装する必要があります。


4、付帯部塗装

塗装箇所は、外壁面以外にも「付帯部」の塗装が行われることがあります。見積りの段階で塗装する箇所と塗装しない箇所を明確に分け、塗り忘れ、塗り漏れがないように注意したいところです。屋根・外壁塗装の付帯部とは、軒天、破風板、雨樋、幕板、雨戸、戸袋です。鉄部は錆びやすいので、錆び止めやケレン作業が重要となります。


5、確認・足場撤去

塗装作業が完了したら、養生を片付け、塗装の仕上がり状態のチェックを行います。もちろん、施主も確認します。仕様書を見て、おかしな箇所があったら、遠慮なく伝えるようにしましょう。仕上り具合がよくないと思った場合は、修正を依頼することができます。全ての作業と確認が終わったら、足場を解体して撤去します。

 

沼津市原で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休