お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
チョーキング現象
公開日:2017年09月21日 カテゴリー:御殿場市板妻 タグ:

チョーキング現象

 外壁に触ったら手に白いチョークのような粉が付いたことはないでしょうか?この外壁を触ったときに白い粉が付いてしまう現象をチョーキング現象といいます。

 外壁塗装のメンテナンス時期は一般の方にはわかりにくいですが、ご自宅の壁を触って手に白い粉のようなものが付いたら外壁塗装のメンテナンス時期が来ていると思っていいでしょう。ご自宅はチョーキング現象があるかどうか、外壁を軽く触ってみましょう。

 特に劣化しやすい南面の外壁を触るとわかりやすいと思います。劣化していない外壁であれば、外壁を触っても手に埃が付く程度ですが、チョーキング現象のある外壁は、触るとしっかりと白いチョークのような粉が付きます。

 チョーキング現象は表面塗膜の防水性のない状態で発生しますので、外壁にひびが入ったりカビが生えたりと、いろいろと不具合が発生することもあります。そうなってから外壁塗装をすると、単に塗るだけではすまなくなり、工事費用も期間も延びてしまうかもしれません。

 また、大きな工事が必要になることもあります。そうならないためにも、定期的に外壁の状態を確認し、チョーキング現象を確認したら早めに業者に調査を依頼してみましょう。

 

チョーキング現象の原因は紫外線による劣化

 チョーキング現象の原因は、紫外線による塗膜の劣化です。外壁や屋根は、常に太陽からの紫外線にさらされており、必ずチョーキング現象が発生する状態になります。チョーキング現象が発生したら、自然と改善されることはなく、経年劣化とともに悪化していくだけです。

 お住まいのメンテナンスは10年に1回おこなうのが一般的ですが、自分自身でも1年に1回は触ったり目視で確認するなど定期点検してみてください。 太陽光のよく当たる南面や西面で確認してみるのが効果的な方法です。

 

チョーキング現象を発見したらすべきこと

 チョーキング現象を確認したら、信頼できる外壁塗装業者に診断してもらい、外壁塗装を依頼することが好ましいです。チョーキング現象は放置しておくと、ひび割れや反りなど外壁材自体が変形してしまうこともあります。ひび割れができてしまうと、そこから雨水が浸入しカビが発生したりして、外壁塗装前の下地処理の段階で思わぬ出費にもつながります。

 チョーキングが起こっているからと言って即工事が必要なわけではありませんが、劣化は確実に進行しています。何より見た目が損なわれていきますので、なるべく早めに外壁塗装をおこないましょう。

 

御殿場市板妻で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休