お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
下塗りで使うバインダーとは?他の塗料との違いを解説
公開日:2019年09月05日 カテゴリー:御殿場市東山 タグ:

下塗りで使うバインダーとは?他の塗料との違いを解説

外壁塗装 下塗り

 塗装工程は、3つの工程があり、3回塗りが基本です。最初の塗装工程は、下塗りです。下塗りで使用される下塗り剤は、種類が多く見わけがつきにくいものですが、他の下塗り剤との違いを比較しながら、「バインダー」について解説します。


バインダーとは?

 バインダーは、シーラーやプライマーと同じ役割を果たします。いずれも、塗料の密着性を高める働きがあります。塗装面が金属、プラスチック、皮革などの種類が異なると、その塗装面の素材に合わせたバインダーを使用します。

 プライマーというと、密着剤としての性質を持ち、塗装面に塗料がしっかりと密着するようにするものです。バインダーは、「つなぎ」とも呼ばれていますが、染料や顔料を結合する役目を果たします。

 染料や顔料は、主成分ではなく、バインダーは、塗膜により塗装面を保護する働きのほうが主な目的になっています。バインダーとプライマーは、よく似ていますが、厳密に解説すると少し働きが異なるということがよくわかります。


主な下塗り用塗料の種類

・シーラー

 下塗り塗料として下地に塗る場合は、密閉や密封するという意味で使用されており、上塗り塗料が下地に吸い込まれるのを防ぐ役目があります。シーラーを塗ると、壁面がしっかりし、上塗り塗料が塗りやすくなります。

 シーラーは、コンクリート、モルタル、石膏ボードの外壁に使用されています。水性や油性のシーラーがあります。塗料の吸い込みが強い場合は、浸透性シーラーと呼ばれる下地強化塗料が使われます。


・プライマー

 シーラーと同じ役目がありますが、プライマーの場合は、鉄、ステンレス、アルミなどの鉄部に塗ります。塗装前に錆びをしっかりと落とした後にプライマーを塗布します。


・フィラー

 外壁に細かい傷やヘアークラックなどがある場合には、フィラーを下塗りします。モルタル壁のようにひび割れが多い外壁では、フィラーを塗ると下地が平らになります。

 微弾性フィラーは、シーラーとフィラーの役目を兼ね備えた下地材です。塗れる外壁の種類が多く、外壁の動きに追従して、外壁面塗膜のひび割れの発生を防ぎます。


・サーフェイサー

 中塗りに使用し、下塗り塗料を微調整する働きを持っています。下塗り塗料で多少の凹凸が出てしまった後でも、中塗り時にサーフェイサーを塗ると、凹凸がなくなり平らになります。


どんなときにバインダーを使う?

 バインダーは、シーラーやプライマーの働きとほぼ同じです。シーラーは、吸い込みが激しい下地に使用され、吸い込み防止が主な目的です。バインダーの場合は、吸い込みが起きない下地に塗布することが多く、上塗り塗料を定着させやすくしています。塗装前には、塗装面の状態をよく見たうえで、上塗り塗料の種類に合わせた下塗り塗料を選ぶ必要があるでしょう。

 

御殿場市東山で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休