お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
ALC外壁にはどんなメリットあり?メンテナンスの必要性は?
公開日:2019年09月11日 カテゴリー:御殿場市北久原 タグ:

ALC外壁にはどんなメリットあり?メンテナンスの必要性は?

ALC 外壁塗装

 さまざまな耐久性の高い外壁材が登場していますが、ALC外壁も優れた機能を持つ外壁材の一つです。今回は、ALC外壁の特徴やメリット、どのようなメンテナンスが必要なのかについて解説します。


何が優れている?ALC外壁

 ALC外壁のALCは、Autoclaved Lightweight aerated Concreteの略です。主成分は、珪石、セメント、生石灰です。内部には気泡があるのがALCの特徴で、気泡のおかげで軽量のコンクリート外壁材になっています。

 ALCは、主に外壁材として使われていますが、屋根や床、間仕切りなどの住宅のあらゆるところに使用可能な建材です。強度や耐久性が高いので、高層ビルや倉庫、大型のショッピングセンターの建物などにも使用されています。

 ALCは、各メーカーにより名称が異なります。代表的なALCメーカーの商品名を紹介すると、旭化成建材(株)のヘーベルライト、ヘーベルパワーボード、住友金属鉱山シポレックス(株)のシポレックス、スーパーボードなどがあります。


ALCを外壁に使うメリットとは?

 ALCを外壁に使う理由は、耐久性の高さが建物に適しているからです。地震にも強く、耐用年数も50年以上あり、メンテナンスを行うことで寿命を延ばすことが可能です。

 ALCは、軽量気泡コンクリートですので、内部に気泡による空気の層があります。空気の層があると、熱伝導率を低く抑えることができ、断熱性が高くなります。気泡のメリットは、重量がコンクリートの4分の1程度に抑えられることです。強度も高く、遮音性も高い外壁材です。

 断熱性は、通常のコンクリートよりも10倍近くあるといわれています。断熱材を併用すると、夏も冬も快適な室内の状態を維持してくれます。火災時には、燃えにくいだけではなく、燃えても無機質の原料であるため有害物質が発生しません。


ALCはメンテナンスが必要

 ALC外壁は、機能性の高い外壁材であることから、他の外壁材に比べると価格が高く、施工費は倍近くかかります。ALC外壁のデメリットは、サイズの小さなパネルになっており、つなぎ目が多く、防水性が低いことです。そのため、塗装メンテナンスが必要で、防水性能が高く、弾性の高い防水塗料を選ぶことが重要です。

 グレードは、シリコン系やフッ素系塗料から選ぶと問題ないでしょう。つなぎ目のシーリングの劣化は、塗装時に対応し、シーリングの打ち替えや増し打ちが必要です。

 5~10年程度のサイクルで外壁の点検を行い、補修箇所が見つかったら必要な補修を行い、塗料の耐用年数が過ぎるタイミングで塗装メンテナンスを行いましょう。

 

御殿場市北久原で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休