お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
サイディング壁のデメリット
公開日:2016年11月10日 カテゴリー:富士市 タグ:

外壁塗装 富士市

 現在、住宅の外壁材として使われているのは、サイディング、モルタル、ALCパネルなどです。その中でも、窯業系、金属系、木質系、樹脂系に分かれているサイディングは、外壁材として住宅のおよそ7割に使われているといわれています。特に、その中でも窯業系サイディングは、さまざまな面から好まれて、利用されているのです。

 では、ここで、現在最も多く利用されている窯業系サイディングのデメリットをご紹介いたします。それは、窯業系サイディングの特徴として、熱を吸収しやすく、真夏日だと表面温度が60度を超える時があることでしょう。そうなると、余程断熱をしっかりおこなっていかないと、窓以外の壁面からも住宅内部にどんどん熱が溜まってしまいます。

 また、窯業系サイディングの原料はセメントであるため、塗膜が剥がれると水を吸収しやすくなる性質を持っています。そして、劣化が進むと、手に白い粉がついてくるチョーキング現象が起こったり、サイディングの隙間を埋めるシーリング材の劣化が進むと、防水性能が衰えて、雨漏りなどが発生することが考えられます。

 

富士市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休