お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
早く見つけよう!外壁塗装の塗り替えサイン!
公開日:2021年06月10日 カテゴリー:富士市

外壁塗装 富士市


築10年程度のお住まいで、一度も塗装やリフォームなどの大規模なメンテナンスをやっていない場合は、そろそろ劣化症状が目立ってくる頃です。気になる箇所が見つかれば、すぐにでも外壁の塗り替えを検討してみましょう。ここでは、セルフチェックでわかる外壁の塗り替えサインについて解説していきます。


塗膜表面のチョーキング現象

外壁塗装の塗り替え時期は、セルフチェックでもわかることがあります。わかりやすい劣化症状の一つが、塗膜表面の「チョーキング現象」です。チョーキング現象とは、典型的な塗料の劣化症状です。耐用年数が過ぎると、塗料の成分が粉化します。

粉化した塗料は、白っぽくなっています。これは塗料の性能が劣化した証拠です。塗膜の防水性能の低下により、雨水、風、紫外線などの外部からの影響を直接受けるようになり、屋根や外壁の劣化症状が早まります。外壁内部に雨水が浸入すると、雨漏りの直接的な原因となってしまいます。


塗膜のひび割れや剥がれ

外壁塗膜のひび割れや剥がれも、典型的な塗り替えサインとして知られています。細くて小さなひび割れは発見しにくく、見逃しやすいので注意が必要でしょう。深いひび割れになる前に塗装や補修作業が必要です。

塗膜の剥がれ症状は、劣化症状が進んでいますので要注意レベルの塗り替えサインです。長期間、雨水や紫外線にさらされている場合が多いので、塗料の塗り替えだけで塗膜を補修できるかどうかがわかりません。必ず専門家による外壁塗装の点検作業を依頼してください。


錆びの発生

金属部分が多い場合や屋根材や外壁材そのものが金属製である場合、経年劣化と共にどうしても錆びが発生してしまいます。錆びの色にも注意し、褐色化している場合は、美観が損なわれています。目立つ錆びは、錆び落としを行い、錆び止め塗料を使用しなければ、錆びが進行し広がってしまいます。金属部の錆びの発生は放置せずに、早めに塗り替えなどの塗装工事を行うようにしましょう。


カビや苔、藻などを発見

スレート屋根や日当たりの悪い北面の屋根や外壁では、雨水や湿気により、カビや苔、藻などが発生しやすくなります。塗装の塗膜の防水性能が正常に働いていると、苔、カビ、藻などの発生が抑えられます。

経年劣化により、塗膜の防水性能が落ちてくると、どうしてもカビや苔、藻などが発生し、美観を損ねます。放置すると、カビや藻、苔が根を張り、洗浄してもなかなか取れないようになります。屋根材や外壁材の耐久性能も落ち、大規模な葺き替えや張り替えの工事を行わなければならないので、注意が必要でしょう。

 

富士市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休