お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
塗装と雨漏り修理は全く違います!
公開日:2021年06月05日 カテゴリー:富士市

外壁塗装 富士市


雨漏り修理に屋根や外壁の塗装を提案する業者がいます。しかし、塗装工事で雨漏りの予防はできますが、塗装が雨漏り修理になるわけではありません。塗装と雨漏り修理は必ずわけて考えるようにしましょう。


雨漏り対策に塗装が実施されるケース

実際には雨漏り対策や雨漏り修理でも塗装が実施されています。こちらも塗装業者の判断により行われるもので、全ての塗装工事が雨漏り対策に有効となるわけではありません。経年劣化以外で考えられる雨漏りの原因としては、技術力が不足している職人による施工時のミスが多いようです。

モルタル外壁などは、意匠性の高い美しい外壁が仕上がりますが、職人の技術力の違いにより仕上がり具合が異なります。外壁材のひび割れは、溝が深くなるほど雨漏りになりやすく、塗膜のひび割れで済んでいる場合は、早めに再塗装すればそれ以上の雨漏り被害を防ぐことができます。

しかし、クラックの溝が深く、雨水の浸入で外壁材内部が腐食していた場合は、木材や防水シートなどを交換した後に再塗装する必要があります。


コンクリートは塗り替えが有効

近年では、木造住宅以外にもコンクリート造りの建物が増えています。コンクリート内部には、鉄骨や鉄筋が入っており、耐震性を向上させていますが、防水対策として防水性の高い塗料で塗装し、雨漏りを予防します。しかし、雨漏り被害がひどくなる前に防水塗装を行う必要があり、塗り替えのタイミングを逃さないように注意しましょう。


塗装ではなく各種修理が実施される場合

塗装する箇所は屋根や外壁の一番外側に出ている表面のみです。外壁材の内側にある断熱材や木材などは、経年劣化により傷んでいたり、腐食していたりします。こうした場合は、塗装ではなく、各種箇所に応じた適切な修理が行われます。

また、複数箇所での雨漏り被害が発生している場合は、塗装で直るケースは少なく、窓枠やベランダなどの他の雨水の浸入経路を疑い、原因を特定したうえで適切な補修を行う必要があるでしょう。

さらに、塗り替え時の施工不良にも注意しなければなりません。スレート屋根の場合、塗装時の縁切り作業ができていないと、隙間に塗料がくっつき、雨水の排水機能が正常に機能しなくなります。こうしたトラブルが雨漏りの原因につながることが多く、再塗装が失敗に終わることがありますので注意しておきましょう。


雨漏りの原因を特定する調査

雨漏りの原因がわからない場合は、必ずその原因を特定する調査を行いましょう。これは、目視調査ではなく、専門家による有料の調査です。具体的には、散水調査、サーモグラフィー調査などです。専用の機材を使用し、専門家によるチェックが行われます。少しの手間と料金がかかりますが、一回の補修で雨漏り被害がストップし、おすすめできます。

 

富士市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休