お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
自分で点検する方法 外壁編
公開日:2016年09月09日 カテゴリー:富士宮市 タグ:

外壁点検

 いったい自宅の壁はどのくらい傷ついた状態なのか、外壁塗装をしたほうがいいのか、そのようなことを気にし、考えることはとても大切です。
でもなかなかどうやって点検すればいいのかは分からないですよね。そこで今回は、点検を行う際のポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 まずはモルタル壁(塗り壁)の場合。このモルタル壁の特徴として、ひびわれができやすいというものがあります。このひびわれは特に気をつけて点検しましょう。

 このひびわれには2種類あるとされています。1つめは「ヘアークラック」と呼ばれるものです。これは、外壁の上に塗ってある塗膜(塗料の膜)にだけヒビが入っている非常に小さいヒビのことを指します。具体的には幅が0.3mm以下のものがこれにあたります。

 このヘアークラックは、家が少しずつ動いてどうしてもできてしまうものなので、そこまで心配する必要はありません。しかし、これ以上の大きさのひびは、雨水が浸入してしまう恐れがあります。しっかりと確認しましょう。

 また、チョーキング現象が起こっていないかも見ておく必要があります。チョーキング現象とは、手で触ったときに、手に白いものがついてしまう現象のことです。この現象が見られたら、塗り替えのタイミングでしょう。

 一方2つ目には、サイディングボードの場合があげられます。この場合は目地の部分に注目です。コーキング部分が劣化してしまっていれば、最悪の場合家の中に水が侵入してしまいます。自分の家にあった方法で、気をつけて点検をしましょう。

 

富士宮市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休