お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集
外壁塗装素材「ジョリパット」は丈夫で長持ち?を検証
公開日:2021年06月20日 カテゴリー:富士宮市

外壁塗装 富士宮市


モルタルや漆喰にもよく似ていてフランスから来た外壁塗装素材「ジョリパット」にも高い関心を示す人が増えています。耐久性も高く、モルタル外壁のリフォームにもよく使われています。また、意匠性が高く、一般な塗装面の上から上塗り塗装できるので、メンテナンスにも最適です。今回は、ジョリパットのメリットの一つ、耐久年数について解説していきましょう。


外壁塗装素材「ジョリパット」の基本的な特徴

カタカナ名の建築材料は、少しなじみにくいとは思いますが、質の悪いものではありません。「ジョリパット」は、フランスで生まれた高性能・高耐久性の塗装素材です。塗面に吹き付け塗装する外壁塗装材で、外壁のリフォーム時ではよく使用されています。

原料は、アクリル共重合樹脂です。厚みがあり、水溶性でありながらも、高い性能と高耐久性を持ち合わせた使いやすい外壁塗料です。砂状ですが、粘性があり、塗った後に砂壁状の外壁塗装になっていきます。自由に模様やデザインを作ることができ、創造性を活かした意匠性の高い外壁塗装が魅力です。


メンテナンスは10~15年ごと

ジョリパットで気になる点といえば、耐久性能です。新しい素材、カタカナ文字の素材は、その実力が未知数です。ジョリパットは、10~15年が塗り替えのタイミングです。その時期を過ぎると、ひび割れが発生し、美観が悪くなってしまいます。15年程度使えるジョリパットは、外壁塗料の中でも高いグレードに位置し、シリコン系塗料と同等かそれ以上の耐久性があると考えていいでしょう。


ジョリパットを選ぶ際のポイント

ジョリパットにもいくつかの種類がありますが、ポイントとなるのは、「ツヤ」です。耐久性を重視するなら「ツヤあり」がおすすめです。汚れがつきにくく、水を弾いてくれます。ジョリパットの場合は、ざらざらした質感が残っていますので、ツヤありを選んでも、塗装後はどちらかというと落ち着いた印象になっています。

逆に「ツヤなし」を選ぶと、ざらざらした仕上りになります。違った言葉で表現すれば、「マットな仕上がり」という意味にもなります。デザインを重視するなら、ツヤなしのざらざらした仕上りを選んだほうがいいでしょう。

注意点は、凹凸が出やすいので汚れがつくと汚れが取りにくくなることです。ツヤ消し剤を混ぜるタイプは、ツヤありのタイプが元になっており、耐久性が低下します。ツヤなしのジョリパットは、耐久性ではなくデザインの質感を重視する方におすすめです。

 

富士宮市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休