お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
断熱塗料と遮熱塗料の違い
公開日:2020年05月15日 カテゴリー:三島市 タグ:

断熱塗料と遮熱塗料の違い

外壁塗装 三島市

 全国各地で猛暑となる日が増え、たとえ冷房の室内にいたとしても暑さを感じることがあるようになった近年。温度上昇の原因の1つである太陽に対して塗装業界は対策を行なってきました。

 中でも有名なのが断熱塗料と遮熱塗料。塗装しますと平均で2〜5度ほど温度を下げる効果があり、日差しが強い日でも快適に過ごしやすくなる塗料です。しかし断熱塗料と遮熱塗料、2つもあるとどちらを使えばいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は断熱と遮熱の違い。どちらを使用すべきかなどを紹介します。


断熱塗料

 まず断熱塗料の説明から入りますが断熱塗料はその名の通り「熱を断つ」効果がある塗料であり、太陽の熱を室内に通さず室内の熱を逃さない特徴的があります。

 ではどうやって熱を断っているのかというと、断熱塗料は「熱伝導を抑える」からです。熱伝導を抑えることにより熱のシャットアウトを実現しており外からの干渉を受けにくくしているのが仕組みとなります。

 ですので夏は冷房をつけたら長時間室内が涼しいままになり、冬は暖房をつけたら暖かい空気のまま過ごすことができるという優れものです。

 また断熱塗料には太陽の熱を少し反射する機能もありますので様々な機能を持っているといえます。しかし室内の熱を逃がさないということは、夏であっても揚げ物などを作り室内の温度を高めてしまえば暑いままということになりますのでバランスが大事な塗料ですね。


遮熱塗料

 一方で遮熱塗料ですが断熱塗料と違い熱伝導を抑える効果はなく、太陽の熱を反射することに特化した塗料となります。ですので太陽の熱が室内に伝わる前に反射して室内の温度を下げるのが仕組みです。遮熱塗料は断熱塗料よりも安く施工することができコスパがいいのが特徴です。


どちらがいい?

 2つの塗料を紹介しましたがいったいどちらの塗料の方がいいのでしょうか?もしかしたらすでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は遮熱塗料と断熱塗料であれば「断熱塗料」の方が若干優れています。理由は熱を逃がさないという点と遮熱塗料と同じ効果が多少含まれているからです。

 しかし断熱塗料には施工が難しい種類がありますので塗装業者からはオススメしれないかもしれません。また遮熱塗料と断熱塗料はどちらとも耐用年数が10~20年程ですので価格で選んでもいいかと思います。

 

三島市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休