お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗料の1液型と2液型って何?
公開日:2019年02月02日 カテゴリー:三島市芙蓉台 タグ:

1液 2液 塗料

 屋根や外壁に使われる塗料の分類法の一つに、1液型と2液型に分ける方法があります。塗料のグレードに関係なく1液型と2液型に分けられていますが、どういった意味があるのでしょうか?

 

塗料の分類法はグレード以外にもある

 塗料の分類方法は、グレードによる分類以外にも塗料の薄め方や1・2液型といった分類方法があります。塗料のグレードごとに、水性、弱溶剤、溶剤といった薄め方があり、溶剤になるほど耐久性が高くなっていきます。溶剤は、シンナー臭が強く、人や環境に悪影響を及ぼします。そのため、環境を考慮して、水性塗料が推奨されています。

 1液型・2液型という分類は、最も細かい分類方法です。1液型は、塗料缶が一つで、水やシンナーで薄めて使用する塗料です。2液型は、2つの塗料缶があり、主材と硬化剤に分けられています。塗装前に主材と硬化剤を混ぜて塗料にした後、水やシンナーで薄めて壁に塗ります。

 もともとは2液型の塗料しかありませんでした。2液型は、主材と硬化剤を混ぜた後、固まっていきますので、その日のうちに使用する必要があり、作り置きできない塗料です。混ぜ合わせの混合比率も決められており、塗装作業の手間がかかる方法です。そこで、硬化剤が混ぜ合わされた1液型の塗料が開発され、販売されるようになりました。

1液型と2液型には、それぞれにメリットやデメリットがありますので、次項で解説していきます。

 

1液型のメリット・デメリット

メリット

 1液型は、塗料の価格が2液型と比較して安く、混合や撹拌の手間がかかりません。その日に使用する量が余っても次の日に使うことができます。

デメリット

 耐久性や耐候性が低いことです。耐用年数は、2液型のほうが3年ほど長くなります。塗る箇所が限定されています。硬化剤が時間と共に固まっていき、半年から1年で消費期限がきますので、塗料の保管方法が難しいというデメリットがあります。

 

2液型のメリット・デメリット

メリット

 2液型は、1液型に比べると耐久性や耐候性が高く、主材と硬化剤を混合しなければ、保管期限は1液型よりも長くなるというメリットがあります。
1液型に比べると、塗装する場所が多くなります。(スレートや鉄部、アルミなど)

デメリット

 2液型は、1液型に比べると1割ほど値段が高くなります。塗料を使用する際に、主材と硬化剤を混ぜますが、その日のうちにすぐに使用しなければなりません。混合や撹拌の手間がかかります。塗装のプロは、2液型の塗料を使用するケースが多くなっています。

 

三島市芙蓉台で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休