お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
シャッターの塗装メンテナンス
公開日:2019年02月04日 カテゴリー:三島市緑町 タグ:

シャッター塗装

出典:https://www.tsujitosou.jp/blog/paintdiary/7657/

 自宅にも雨戸やシャッターを設置している一般住宅も増えています。シャッターも屋根や外壁と同じように劣化しますので、汚れや錆びの発生は避けられません。美観の問題もありますが、シャッターの塗装メンテナンスの必要性について検証していきましょう。

 

シャッター塗装の問題点

 シャッターの塗装では、シャッターとシャッターボックスの塗装が必要となります。シャッターの場合は、開閉動作があるため、塗装をしても剥がれやすくなるという問題点があります。しかし、シャッターにも耐久性を高める錆び止め対策や美観維持のための塗装が必要です。

 シャッター塗装の問題点は、塗料の厚みがある場合やシャッターの素材により密着性が低いときは、塗料が剥がれたり、シャッター開閉時に正常に動作しなくなったりすることです。こうした理由から、シャッター塗装は、塗装の専門業者に依頼すべきであることがよくわかります。

 

塗装すべきか?交換すべきか?

 トタンなどの材質で作られたシャッターは、錆びが発生しやすいので塗装が必要です。しかし、アルミやステンレスといった素材のシャッターは、錆びにくい性質を持った素材です。経年劣化したシャッターは、10~30万円で新品に交換することができます。シャッターボックスは、交換修理代が高額ですので、トタンやアルミなどの素材に関係なく、通常はコストの低い塗装を行います。

 

シャッターの塗装作業の流れ

 シャッターの塗装メンテナンスは、通常5~10年ごとに行われます。単独で行うのではなく、外壁や屋根の塗装と同じタイミングで実施すると費用が割安になります。シャッターの塗装作業は、ケレンによる下地処理、洗浄作業、下塗り(錆び止め)、中塗り・上塗りの順番に行われています。

 

DIYよりも塗装専門業者に依頼するのがオススメ

 シャッターの塗装作業は、足場を使うことがなく、時間をかけてじっくりできるのでDIYで済ませてしまいたいと思うかもしれません。しかし、汚れや錆びの除去を丁寧に行う「ケレン」はとても重要です。塗装表面に傷をつけ、塗料の密着性を高めるケレンは、重要な作業工程ですので丁寧に行う必要があります。下塗り塗料は、錆び止め効果の高い塗料を選択してください。

 シャッターの塗装費用の目安は、1平米あたり1500~3000円です。2階などの高所作業では、足場代が別途必要になることがあります。この場合は、1平米あたり600~800円程度です。

 

三島市緑町で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休