お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
外壁や屋根の塗装って本当に必要なの?
公開日:2019年01月20日 カテゴリー:三島市加茂 タグ:

外壁塗装 三島市

 

 定期的に行うことがいいとされている外壁・屋根塗装には、本当に期待する効果があるのでしょうか?結論からいえば、塗装メンテナンスを怠ると、雨水が浸入し、雨漏り、内壁の腐食、外壁の崩れなどが生じますので、定期的なメンテナンスは必ず必要です。

 

まずは「塗装」の役割を知ろう

 外壁塗装には、いろいろな役割がありますが、ポイントを絞って解説すると、外壁塗装は外観をきれいにし、建物を保護し、塗装により機能性を付加するという役割を果たしています。塗装をすれば、まるで新築のような外観が蘇ります。違う色を選べば異なる家のイメージにできます。

 屋根や外壁は、常に厳しい外部環境にさらされています。雨風や太陽光の紫外線は、外壁や塗装面を傷めます。塗膜が劣化すれば、雨水が浸入しやすくなり、建物躯体を腐食させてしまいます。塗装により、塗膜を作り防水性能を維持できます。しかし、塗膜には耐久年数があり、10~15年で必ず劣化し、塗り替えメンテナンスの時期を迎えます。


 また、各種機能性を持つ塗料も多数登場しています。現在も防水、弾性、防カビ、遮熱、断熱、低汚染、セルフクリーニングなどの塗料ごとに異なる特徴を持った製品があります。塗装するだけで、今のお住まいでも格段に住みやすくなっていきます。

 

外壁塗装を怠るとどうなる?

 外壁塗装は、経年劣化します。風雨、汚れや紫外線、塗膜の耐久性が失われると、外壁の塗膜が剥がれたり、雨水が浸入したりします。外壁塗装メンテナンスをしないと、塗膜のツヤがなくなり色あせ現象が始まります。風通しの悪い湿気の多い場所では、苔や藻、カビが発生します。

 その後、外壁劣化で表面に白い粉が生じるチョーキング現象が起きたり、塗膜が剥がれたりします。ひどくなると、外壁にクラックが生じます。経年劣化の他にも地震が起きれば、ひび割れ現象が見られます。最終的に雨漏りが発生し、外壁内部や家の基礎が腐食していきます。

 

特に被害がなくても外壁塗装を行う理由

 瓦は塗装メンテナンスが不要ですが、屋根の塗装を実施しても、外壁塗装をしないケースがあります。外壁の被害状況が目視で確認できなくても、外壁塗装メンテナンスは必要です。

 特に防水機能は最も重要なお住まいの保護機能です。防水性能が落ちると、目に見えない内部の木材や鉄筋が腐食したり、錆びたりするからです。防水性能は、外壁塗装メンテナンスにより、その後、10~15年ほど維持できます。

 

外壁・屋根塗装は防水性能の維持がポイント

 塗装メンテナンスにより、外観の美しさの維持やいつも快適に過ごせる断熱性能の維持、汚れにくい塗膜の維持などが可能です。そして、何よりも建物を保護する「防水」機能は、湿気が多い梅雨などの雨期や積雪といった自然環境下では、最も重要な機能であると考えてください。

 

三島市加茂で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休