お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
サイディングボードの「反り」は劣化症状の一つ
公開日:2019年04月19日 カテゴリー:三島市佐野見晴台 タグ:

サイディング反り

 新築当初は、見た目もきれいで美しいお住まいの外壁のサイディングボードも、経年劣化により次第に汚れが蓄積していきます。ひどい劣化症状になると、サイディングボードに反りや浮きが見られることがあります。反りの劣化症状を発見したら、できるだけ早期に補修を行うようにし、建物の寿命を延ばす努力をしましょう。

 

サイディングの「反り」症状の原因

 サイディングボードの反りや浮きは、施工から10年もすれば、たいていのサイディングボードに見られる現象です。その原因の多くは、横から降る雨がサイディングボードの内部に浸入して発生するためです。

 経年劣化により、サイディングボードとサイディングボードの隙間のシーリングが劣化したり、ボードが割れてしまったりすると、浸入した水分が乾燥するときにボードの反りや浮きが発生しやすくなります。

 その他にも地震による建物の傾きによる不具合や釘留め・金具の施工の不具合なども水分の浸入の原因となっていることがあります。

 

サイディングボードの反りを直すだけで寿命が延びる!

 サイディングボードが反り返ってしまうと、その部分が剥がれやすくなってしまいます。こうした状態を放置すると、雨水が浸入し、湿気により内部の木材が腐っていきます。シロアリも発生しやすくなります。

 そのうちサイディングボードが割れたり、外れたりして落下する危険性もありますので、すぐに補修工事を行いましょう。すぐにサイディングボードの補修を行うことで、その後10年は寿命を延ばすことができ安心です。サイディングボードの全面張替えは、大掛かりな工事になりますので、反りがひどくなる前に適切に対処する必要があるでしょう。

 

サイディングボードのメンテナンスや補修方法

 軽度な反りの場合、ビスの打ち増し補修が可能です。ステンレスのビスを使ってボードを留め付けします。目地のコーキングもしっかりと行います。さらに板金により、雨水が浸入しないようにすることがあります。

 サイディングボードがまだ使えるようなら、同時に外壁塗装も実施してください。塗装の塗膜により、外壁もさらに長持ちします。すでにサイディングボードの耐久年数を過ぎてしまっている場合は、部分補修で反りを直すことはできません。

 この場合は、既存のサイディングを取り外して、張り替えを実施したほうがいいでしょう。外壁の張り替え工事では、施工の不具合が反りの原因とならないように、ビスの留め付けは細かい間隔でしっかりと行われます。

 

三島市佐野見晴台で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休