お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
チョーキング現象って何?
公開日:2016年06月07日 カテゴリー:三島市佐野見晴台 タグ:

外壁 劣化

 外壁の塗り替えをするタイミングをどうやって決めたらいいでしょうか。誰にでもわかりやすい決め手の一つとして、チョーキング現象を知っておくといいでしょう。チョーキング現象とは、壁を触った時に手の平に白い粉が付いてしまう現象のことです。

 チョーキング現象は触るだけで分かるので外壁塗装の目安として良い手がかりになります。この現象は、塗料の成分が風雨や太陽光に長い間さらされることで劣化し、粉状になることで起こります。また、雨が降ったときに外壁が変色するのもチョーキング現象の一つのあらわれです。

 この現象が起こるということは外壁のいたみが進行しつつあること、外壁の防水性が損なわれてきていることを示します。つまりチョーク現象を放置しておくと外壁にヒビが入ったり、カビが生えたりと多くトラブルが起こるのです。

 壁を触ってみて手のひらに薄く粉がつくようでしたら塗り替えを考えましょう。劣化した状態のままを放置しておくと、外壁自体にまで劣化が進んでしまい、結果的により大きな修理が必要になってしまいます。もし粉がたくさんつくようでしたら、早急に塗り替えを検討することをおすすめします。

 

三島市佐野見晴台で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休