お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
マンションリフォームの注意点
公開日:2017年11月06日 カテゴリー:三島市三恵台 タグ:

マンション リフォーム

出典:https://newvillage.in/archives/4521

 分譲マンションでは一戸建ての住宅とは違い、個人で自由にリフォームができない部分があります。そして、限られたスペースの中でどれだけ効果的なリフォームができるかどうかがポイントになります。リフォームを行う際の注意と範囲をしっかりと確認することが大事です。マンションをリフォームする時の注意すべきことをご紹介します。

 

専有部と共用部を確認しましょう。

 マンションをリフォームする際、個人でできるリフォーム個所は専有部のみとなります。「専有部」とは、壁、天井、床から内側の居住空間のことを言います。マンションを形成しているコンクリートの躯体の内側の空間のことです。「共用部」とは、所有権を持たない共用廊下やエレベーターなど居住空間以外のことを言います。

 室内では排水竪管や汚水竪管などが縦に走っており、竪管があるパイプスペースは共用部の為移動することはできません。そして玄関ドアも外側が共用部で内側が専有部と別れており、サッシ窓も共用部なので勝手に変更はできません。またベランダやバルコニーも共用部になります。

 

 

管理組合に申請するものを確認しましょう。

 リフォームを行うにあたりマンション管理組合に申請する書類などがある場合があります。申請書類の意味は、共用部分を区分所有者の意思で勝手に変更することは認められていないので、工事の範囲や内容が規約に違反していないかを管理組合が確認するための書類となります。

 マンション管理規約を確認し、マンション管理会社に問い合わせるなどをして、規約や仕様細則を把握しましょう。

 

リフォームができる範囲

 マンションリフォームでは構造部など一戸建てよりも簡単で自由に間取り変更などが行えますが、水まわりを移動する範囲に限界があるなど、制限があることもあります。

 マンションの作りは通常コンクリートで形成された大きな箱でできています。その内側に木や軽量鉄骨で柱や下地を組み、天井や壁・床を作っています。床下に給排水、天井裏に電気配線などがあるのが通常の作りです。そういった部分さえ気を付ければ間取り変更などは簡単なリフォームと言えます。

 マンションのリフォームは規約に則って行えば自由に行えますが、集合住宅ですので近隣の方や同じマンション内の方にも気を配れるしっかりとした業者にリフォーム工事を相談するところから始めてみてください。

 

三島市で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休