お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
意外と知られていないチョーキング現象の恐怖とは
公開日:2016年03月30日 カテゴリー:三島市三恵台 タグ:

外壁 劣化

 外壁に触れた時に、白い粉のようなものが手に付いた覚えはありませんか?実は、その現象のことをチョーキング現象と呼びます。チョーキング現象は、外壁の劣化のサインの一つになっています。

 外壁塗装に使う塗料に含まれている顔料が、劣化によってむき出しになり、白い粉として浮き上がってきます。チョーキング現象をそのまま放置しておくと、外壁のヒビ割れやカビの発生等のトラブルを起こす可能性があります。

 塗料としては劣化しているので、撥水性もありませんから、雨が降ったときに水をはじくことができずに、外壁の内側に染みこんでしまう可能性もあります。そうなると家の内側に湿気がたまってしまい、建築資材を腐らせたり錆びさせるなど、家そのものを劣化させてしまう恐れがあるのです。

 湿気がたまるとシロアリが発生しやすくなるので、二次被害を引き起こす恐れもありますから、チョーキング現象を見つけたときは注意が必要です。二次災害を引き起こすとそれだけ工事費も高くなりますから、そうなる前に劣化に気づきたいですよね。

 チョーキング現象は外壁塗装工事の目安となりますので、見つけた際には速やかに専門業者へ依頼して、外壁の点検をしてもらうことをおすすめします。

 

三島市三恵台で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休