お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
塗装職人募集協力会社募集

施工事例

外壁塗装の施工例 裾野市須山

リフォーム内容 外壁塗装
プラン
使用塗料
外壁プラン:フッ素プラン
塗料メーカー:KFケミカル
塗料名:KFワールドフロングランツ 
19-20B クリヤー(241) 
リフォーム期間 約3週間
施工前
Before
完成写真
After

屋根カバー工事と外壁塗装のご依頼をいただきました。施工前は、外壁のコケが目立つ状態でした。外壁自体は色あせも少なく、コケの問題が解決できれば、クリヤー(透明)塗装で既存の外壁模様を活かした仕上りをご希望されました。

高圧洗浄でコケや藻をできる限り落とし、状態がよい外壁面はクリヤー(透明)で塗装し、特にコケや劣化が目立つ外壁面は、アクセントとして着色させていただきました。

濃いブラウンでアクセントを取り、重厚感、高級感を高めました。次回メンテナンス時は、全体に濃い系の色でもいいかもしれませんね。

シーリング工事

  • シーリング工事
    施工前
  • シーリング工事
    既存シーリング撤去
  • シーリング工事
    プライマー塗布
  • シーリング工事
    シーリング充填
  • シーリング工事
    シーリン均し
  • シーリング工事
    施工後

シーリング工事

 耐用年数15年~20年と言われている「フッ素塗料」「無機塗料」といった高耐久塗料が主流になってきた昨今、「塗料」と「シーリング」の耐用年数を同レベルに合わせる必要があります。しかし、一般的なシーリング材の耐用年数は7年~8年と短く、塗料よりも先にシーリングが劣化してしまうというアンバランスが問題になっていました。

 これを解消するために高耐久シーリングを使用する必要があります。そこでおすすめするシーリング材が「オートンイクシード15+」、実に耐用年数が20年と非常に長寿命です。 大手ハウスメーカーの新築工事にも同等のシーリングが使用されています。

高圧洗浄

高圧洗浄

高圧洗浄

高圧洗浄

 高圧洗浄は、外壁や屋根の塗装面にこびりついたカビや汚れを高圧の水洗いによって洗い落として、塗料の接着をよくするために行います。ガソリンエンジン式の機械を通して、高圧の水で洗い落とします。音は少々・・ですが、汚れはエンジン式の方が圧力が強いのでしっかり汚れを落とせます。

 外壁に触ると手にチョークのような粉が付くことをチョーキングと言います。外壁の塗り替えのサインと言われています。チョーキングの粉を水洗いでよく落とさなければ、塗装がはがれる原因となる恐れがあります。

外壁工事

  • 外壁塗装工事
    外壁塗装下塗り
  • 外壁塗装工事
    外壁塗装中塗り
  • 外壁塗装工事
    外壁塗装上塗り

外壁塗装

 外壁塗装では、ほとんどの場合塗装専用のローラーで施工します。ローラー塗装は、摩擦によって直接塗料を乗せ、無駄に塗料が飛び散ることがなく、確実に塗れるというメリットがあります。住宅地など近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防ぐためにもローラーが主流となっています。外壁の凹凸が深くローラーでは塗れない場合は、吹き付け塗装を行う場合もあります。

 ここ数年、フッ素塗料や無機塗料などに代表される高耐久塗料などが普及してきました。3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。

 ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。

付帯工事

  • 付帯部塗装工事
    下地調整
  • 付帯部塗装工事
    下地調整
  • 付帯部塗装工事
    下地調整
  • 付帯部塗装工事
    下地調整
  • 付帯部塗装工事
    接着プライマー
  • 付帯部塗装工事
    防錆プライマー
  • 付帯部塗装工事
    防錆プライマー
  • 付帯部塗装工事
    雨樋下塗り
  • 付帯部塗装工事
    雨樋上塗り
  • 付帯部塗装工事
    破風下塗り
  • 付帯部塗装工事
    破風上塗り
  • 付帯部塗装工事
    軒裏下塗り
  • 付帯部塗装工事
    軒裏上塗り
  • 付帯部塗装工事
    雨戸下塗り
  • 付帯部塗装工事
    雨戸上塗り
  • 付帯部塗装工事
    シャッターボックス下塗り
  • 付帯部塗装工事
    シャッターボックス上塗り
  • 付帯部塗装工事
    水切り下塗り
  • 付帯部塗装工事
    水切り上塗り

付帯部塗装(雨戸塗装)

 雨戸はフレームがアルミ製、フレーム内の波板部分が鉄製という構造が一般的です。

 鉄製の波板部分は、錆が出ている場合には、錆を落とし、錆止め塗装をおこなった後に仕上げ塗装を行います。表面が平坦のため、刷毛ムラがでないように、短毛ローラーで平坦に仕上げるか、吹付け塗装をおこなって綺麗に仕上げます。

 アルミ製のフレーム部分は、表面がツルっとして塗膜の付着が難しいため、窓アルミサッシと同様に塗装はおこないません。シャッターの場合は、開閉時に、鉄部同士が擦れるため特別なご要望がない限りは塗装をおこないません。カラー鋼板や塩ビ製のシャッターボックスのみ塗装をおこないます。


軒天塗装

 軒天の仕上げ塗装工事です。上裏(あげうら)軒裏(のきうら)とも表現します。軒天は屋根裏やベランダ床下の結露水滴を受け、湿気を帯びやすい部分です。この部分はカビの生えにくい専用塗料で塗装します。

 この塗料は湿気を外部に逃がす透湿性と防カビ性に優れるだけでなく、塗料の粒子が細かく基材に浸透するため高い吸着力により剥がれにくいといった特長もあります。

完成 ビフォー・アフター

【施工前】
施工前
  • 施工前
  • 施工前
  • 施工前
  • 施工前
  • 施工前
  • 施工前
【施工後】
完成写真
  • 施工後
  • 施工後
  • 施工後
  • 施工後
  • 施工後
  • 施工後
  • 施工後
  • 施工後

このたびは弊社にご依頼いただき誠にありがとうございました。今後とも末永く、市川塗装を宜しくお願いいたします。
外壁塗装、屋根の葺き替え、カバー工法、防水工事、塗り替えの市川塗装、沼津市、三島市、御殿場市、裾野市、長泉町、小山町、函南町、清水町、富士市、富士宮市
裾野市須山で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装へ

※裾野市の外壁塗装ページに戻る

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休