お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
ALC外壁の特徴とメンテナンス
公開日:2018年09月21日 カテゴリー:裾野市今里 タグ:

外壁塗装 御殿場市

 外壁材としては、サイディングがよく使用されますが、丈夫で軽量などのメリットの多いALC外壁もよく選ばれています。ALC外壁の主な特徴と塗装メンテナンスの重要性について解説します。

 

ALC外壁はすでに身近な存在となっている外壁材

 ALCは略語です。AはAutoclaved(高温高圧で蒸気養生された)、LはLight weight aerated(軽量気泡の)、 CはConcrete(コンクリート) という意味を持っています。

 コンクリートの一種ですが、耐久性や耐火性に優れており、なおかつ重量がコンクリートの4分の1程度の軽量の外壁材です。軽量の秘密は、セメントの中にスポンジ状の気泡がたくさん存在しているためです。

 ALCの成分は、珪石、セメント、生石灰、石膏、発泡剤のアルミニウム粉末などを加工してできたものです。よく知られているALC外壁材としては、旭化成の「パワーボード」などがあります。ALC外壁は、軽量で施工性も高いので、建築の現場でもよく採用されている外壁材です。

 

優れたメリットのあるALC外壁

 ALC外壁には、多くのメリットがあります。基本的には耐久性に優れており、メンテナンスをしっかり施せば、50年以上も使える耐久性能の高い外壁材となります。

 軽量の気泡コンクリートであることから、地震にも強い外壁材です。さらにこの気泡は断熱性を高める役割を担っています。湿度も調整できますので、断熱材と組み合わせると、一年中室内で快適に暮らすことができます。

 コンクリートという素材は、基本的に耐火性が非常に高く、遮音性にも優れています。ALC外壁は、パネルとして加工して壁に貼り付ける工法です。そのため、塗り壁などと比べると圧倒的に施工しやすくなっています。

 しかし、高い耐久性を持つALC外壁も、吸水性が高いために、水に弱いという弱点があります。こうした、水に対する弱点をカバーするために、定期的な補修や塗装のメンテナンスが必要です。

 

弱点の防水性能をカバーする塗装のメンテナンスは特に重要

 ALC外壁の数々の優れたメリットを紹介してきましたが、吸水性が高いために、雨などの水には弱いとされています。こうした水に対する弱点や防水性能を持たせるために、耐候性の高い塗料による定期的な塗装メンテナンスが必要となります。

 また、ALCを外壁に使用する場合は、ALCパネルとして使用します。パネルは貼り付けるだけで施工できますが、つなぎ目のシーリングは、塗料と同様に劣化しますので、シーリングの補修も定期的に行う必要があります。

 ちなみに耐候性が高い塗料としては、フッ素塗料がおすすめですが、グレードが下になる安価なシリコン塗料でも一定レベルの耐候性を持っています。

 

裾野市今里で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休