お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
ウレタン塗料とシリコン塗料の違い
公開日:2019年06月15日 カテゴリー:沼津市中沢田 タグ:

ウレタン塗料とシリコン塗料の違い


ウレタン塗料

 外壁や屋根をしっかりと保護する役目がある塗料選びは、用途に応じて選ぶ必要がありますが、塗料にも各種グレードがあるということをご存知でしょうか?ここでは、よく似たグレードのウレタンとシリコンの各塗料の特徴や違いなどについて解説していきます。


ウレタン塗料とシリコン塗料


 この2種類のグレードの塗料を比べると、一般的にはシリコン塗料のほうが値段も高く性能もいいと言われています。そこで、具体的に何がいいのかという点について詳しく解説していきましょう。最も特徴的なのは、ウレタンよりもシリコンのほうが、耐久年数が長いので、価格も高くなる、といったところが大きな違いです。


 価格面でみると、シリコンは、80~90万円、ウレタンは、70~80万円の塗装費用が目安です。耐用年数は、シリコンの場合、屋根8~10年、外壁10~15年です。ウレタンの場合は、屋根5~7年、外壁7~10年です。


シリコン塗料のメリット・デメリット


 シリコン塗料は、耐候性が高く、色あせがせず、汚れもつきにくい塗料です。しかし、塗料が密着しづらいので、塗膜のひび割れが発生しやすくなっています。ひび割れしやすいため、木部に塗ることができない塗料です。


ウレタン塗料のメリット・デメリット


 ウレタン塗料は、シリコン塗料よりも光沢があり、塗る場所を選びません。高級感を求めるなら、ウレタン塗料です。密着性が高い塗料で、シリコン塗料よりも柔軟性があり、ひび割れに強い性質があります。

 シリコン塗料よりも価格が低めに抑えられます。しかし、耐用年数が短いので、塗り替えサイクルが短くなります。
湿度が高い場所では、使用できません。塗装色が黄変する場合があるので、少し注意が必要です。


ウレタン塗料とシリコン塗料はどう選ぶ?


 ウレタン塗料は、昔からよく使用されてきた塗料で、安心感があり、今でもおすすめする塗装業者も多いでしょう。しかし、ウレタンよりも性能がよく、耐久性の高いシリコン塗料が登場し、ウレタン塗料との価格の差がなくなってきていますので、シリコン塗料を選ぶ機会が増えてきています。

 大手の日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研などの塗料を使うと、ウレタンでもシリコンでも安心して使えます。また、屋根と外壁塗装を同時に行う場合は、屋根で使う塗料をワンランク上げると、屋根と外壁の同時塗装で耐用年数を合わせることができます。

 足場代が必要となる屋根・外壁塗装では、同時塗装により、大幅にコストダウンすることができます。

 

沼津市中沢田で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休