お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は

私たちは静岡の沼津・三島地域を中心に 外壁塗装と屋根塗装、屋根カバー工法、外壁張り替え、防水工事などを行っています。外壁、屋根に関することなら何でもご相談ください!

お電話でのご相談は
8時~19時まで受付中!
0120-158-553
メールでのご相談は
施行事例
お客様の声
初めてのお客様へ
他社との違い
工事メニュー
外壁塗装の色でお住まいの印象を変えてみたい!
公開日:2018年09月09日 カテゴリー:三島市東大場


外壁塗装の色でお住まいの印象を変えてみたい!

外壁塗装 印象


 外観は最も目立つ場所ですので、外壁塗装工事での塗装色選びは最重要ポイントになっています。

 しかし、新しい色選びで失敗する方も多いので、塗り替えで今までの色とは異なる色を塗装する場合は、こだわりだけではなく、色が持つ心理効果を狙った色選びを行う必要があるでしょう。

 訪問者やご近所の方にもよい印象を与えられますし、全く知らないような人に対しても、塗装の色を見て感じて、居住者は間違いなくいい人、上品な人、元気な人だ、などの好印象を持ってもらえるようになります。



色の心理効果を上手に活用することが大事


 色が人の心や感情に与える一般的な心理効果についてはさまざまな場面で応用されていますので、建築の世界でも屋根や外壁部分の塗装色に応用されていても不思議ではありません。

 外壁塗装でも大いに活用されており、成功例がたくさんあります。お住まいの周辺にある建物を見渡してみても、一つとして同じ色の塗装をした建物はないといってもいいでしょう。

 居住者やオーナーが、好みの色、デザイン、家のサイズなどを元に、周辺の街並みなどにも配慮した色を選んでから塗装しています。

 塗装を行う際に、最も違いが出る部分といえば、好みの色やデザインになってくるでしょう。

特に色選びはとても重要です。

 好みの色を選択するときでも、色が持つ心理効果を反映させることを忘れずに、さまざまな要素を採り入れて塗装色を絞り込んでいきましょう。

 ご自身が与えたい印象を持つ色をベースにした配色は、お住まいのイメージアップに有効で、多くの方に好印象を持ってもらえます。

 ちなみに、外壁塗装でよく選ばれている色といえば、暖かみのある色、落ち着いた色、癒し系の色などになっています。

 しかし、好きな色が赤や青などの原色になっていることもありますが、広い面積に対してそのまま使ってしまうと、奇抜な色や原色は目立って周囲から浮いてしまい失敗します。

 人気色は、偶然に選ばれているのではなく、多くの方に好まれている色でどの色にも良い印象がありますので、選んでも失敗しない色だと考えておきましょう。



一つ目の基本は「暖かい色」と「冷たい色」


 暖かい色は人気の色が多く、どの色にもよいイメージがあります。例えば、赤や橙、黄色などが暖かいて明るい色として選ばれています。

 これらの色は太陽や炎をイメージさせてくれますので、エネルギーを多く持つような色でしょう。

 見る人にもポジティブな印象を与えることができますが、強すぎると警告や拒絶のような意味合いもありますので、使い方や配色には注意しなければなりません。

 色には、暖かい色の反対になる「冷たい色」も存在します。具体的には、青や緑、青紫などの落ち着いた暗めの色です。寒くて冷たい感じもしますので、「寒色」とも呼ばれています。

 青や緑系の色は、水や氷、海などのイメージを彷彿させることが多く、いい意味でいえば落ち着いたイメージを与えることができるでしょう。



二つ目の基本は「重い色」と「軽い色」


 重さを感じさせる色も使い方によっては、お住まいの印象を大きく変えることになるでしょう。鉄やアルミなどのような金属の色、茶色、黒色などは重い色に分けることができます。

 重い色を使うと、硬くて頑丈で重厚感を与えることができます。

 「軽い色」といえば、パステルカラーなどの淡い色合いをイメージするとその色の意味がよくわかっていきます。軽い印象を与える色は、明るさや柔らかさを感じさせるので、女性には高い人気があります。

 特に、パステル調の淡い色といえば、女性が好む色として知られており、柔らかくてふわふわした色が外壁塗装にもよく使われています。



三つ目の基本は「強い色」と「弱い色」


 「強い色」といえば、原色の赤や青、緑などの色になるでしょう。

 これらの色は、「力強い」という意味ではありませんが、原色になりますのでそのまま使用すると強すぎる印象を与えてしまい、視覚的な印象に残ると逆効果です。

 また、原色をそのまま使うと周辺環境と調和せずに塗装面が目立ってしまうことが多く、使い方に注意する必要があります。

 原色は、そのままで使われることは少なくなりますが、ベースカラーではなくアクセントカラーとして使用するとメリハリが出ます。

 最後に、「弱い色」といえば、同じような原色の赤や青、緑の色がベースですが、淡くて薄い色合い調整した色のことです。

 全ての弱い色がそうではありませんが、控えめなイメージや女性らしくて柔らかいイメージを周囲に与えることができるでしょう。

 

 

三島市東大場で外壁塗装・屋根塗装をお探しなら市川塗装

価格表
おすすめの塗料・建材
KFワールドセラ
オートンイクシード
スーパーガルテクト
はる・一番
カルセラ
LINE@
ご連絡先はこちら
市川塗装株式会社
〒410-0013
静岡県沼津市東熊堂441-2
杉本ビル2階
TEL:0120-158-553
FAX:055-941-8812
MAIL:info@ichikawa-paint.com
【営業時間】8:00~19:00
【定休日】年中無休