はじめてのお客様に選んでいただける理由は? 騙されないで!業界の真実

料金について

工事内容から探す

お客様の声と施工例

塗料について

ご依頼からの流れ

お役立ちコンテンツ

品質保証について

ブログ

定期点検予約申し込みフォーム

無料見積りお問合せはこちら

カラーシミュレーション

新着情報

市川塗装について

■本社
本社
〒410-0932
静岡県沼津市東熊堂441-2
TEL:055-926-7501

■御殿場事業所
御殿場事業所
〒412-0008
静岡県御殿場市印野1383-78
TEL:0550-88-0200

建設業の許可票

施工エリア

施工エリア

沼津市 三島市 裾野市 御殿場市 富士市 富士宮市 清水町 長泉町 函南町 小山町 その他

協力業者募集

日本住宅保証検査機構

ボランティア塗装の対象物件を募集

日本外壁塗装マイスターズ

当サイトについて

HOME >外壁塗装 >工事の流れ > シーリング(コーキング)について
シーリング(コーキング)について

シーリングの寿命は5〜10年

シーリング材は紫外線を受けたり、サイディングの動き(振動や熱)が原因で劣化していきます。
施工や立地条件で異なりますが、シーリングの寿命は概ね5〜10年です。
上から塗装することでさらに寿命を延ばすことができます。
多くは10年程度のサイクルで外壁の塗り替えとシーリングの打ち替えを行い建物の維持と保守を行います。

増し打ち・打ち増し・打ち替え

既存シーリングの上から新しいシーリングを重ねて充填することを【増し打ち・打ち増し】、既存シーリングを取り去って、新しいシーリングでやり直すことを 【打ち替え】といいます。
「増し打ち」と「打ち増し」どちらの方が安上がりかといえば、もちろん「増し打ち」です。
既存シーリング材を撤去する手間がかなり違います。
しかし、ただでさえ短命な部分なので、せっかく足場をかけて工事を行うのであれば、少値が張っても継ぎ目(目地)だけは「打ち替え」をしてもらった方が良いと思います。
市川塗装ではサイディングの継ぎ目(目地)は「打ち替え」をします。

継ぎ目(目地)にくらべて動きの少ない窓周りなどは、現在の状態により「打ち替え」か「増し打ち」を判断しシーリング
が明らかに裂けていたり、剥がれているような状態の場合 には、「打ち替え」をします。
継ぎ目(目地)が劣化している場合は、早めのメンテナンス をお勧めします。
切れ目から雨水が入り、浸透し内部を腐食させる原因になります。 そうなると建物本体を劣化させ、建物の寿命が短くなる可能性があります。

 

シーリング打ち替え工事の流れ

既存シーリングの撤去

カッターで切れ目を入れ古いシーリングを撤去しています。

撤去したシーリング サイディングの断面に薄く残っている古いシーリングをカッターで削ぎ落とします。
この「削ぎ落とし」をやるかやらないかで、手間がぜんぜん違います。
削ぎ落としをやらない業者も多いようですが、シーリングを長持ちさせるためには重要な工程だと思います。

テープ養生


充填部位外にシーリングを付けないようマスキングテープを張ります。

プライマー塗付


密着性を高める為に、充填部に専用プライマーを塗付します。

シーリング充填

シーリング材はサイディング専用の変成シリコンを使用します。
充填部に、適量を乗せていきます。
充填後、内部に空洞ができないようにヘラで均していきます。

シーリング打ち替え工事完了

均しが終わったら、テープを除去して完了です。

窓廻りのシーリングも隙間が開いていたので上記の継目(目地)と同様に打ち替えをしました。

ご不明点・お問い合わせお電話でどうぞ
0120-158-553
受付時間:8時〜20時/土・日・祝も受付
シーリング(コーキング)について|外壁塗装、塗り替えの市川塗装